第14話

3-14.mp3 都内某病院。 病棟ナースセンターにひとりの男が姿を表した。 手元の用紙に面会先と自分の名前を記入した彼は、近くの看護師にそれを渡した。 ノック音 部屋から何の音も聞こえない。 彼はそっと扉を開いた。 医療機器の音 カーテンを開けると ベッドの上でパソコンの画面を覗く患者がそこにいた。 「最上さん。」 ちらりと訪問者の方をみた彼はそのまま画面を見る。 「あぁ君か。」 「どうですか。」 「良くないね。」 「そうですか…。」 「非常に良くない。」 「そんなに…ですか…。」 「ああ。」 「先生はなんと…。」 「え?」 「え?」 「あ…。」 「あ…。」 最上はくすりと笑った。 「すまないね。心配懸けてしまって。体の方は別になんともない。」 「あぁ…そうですか。よかった。」 「ただ喉が渇くんだよ。最近。」 ベッドテーブルには500ミリリットルのミネラルウォーターが置いてあった。 「喉ですか…。」 「まぁ入院するくらいだから、どこかぶっ壊れてるさ。」 「ふっ…。」 「僕が良くないって言ったのはこっちのほうだ。」 そう言うと最上は手招きをした。 そばに寄った彼は最上が指すパソコンの画面を覗き込んだ。 「これは…。」 「例のSNSコミニュティ。」 「立憲自由クラブですか。」 「ここの論調が過激化してるね。」 「先日の国会前でも動員に相当の影響力を行使したと報告を受けています。」 「ここが呼びかけするだけで全国各地か…

続きを読む