第15話 後半

3-15-2.mp3 帰国当初は日本語をほとんど話すことができず、卓は碌な仕事につくことができなかった。 これではとても生活していけない。そこで卓は裏稼業に手を出した。マフィアの小間使いをしてその日暮らしの金をなんとか手に入れた。 地べたを這いつくばる生活をする中、彼は尚美と出会う。恋に落ちた二人は駆け落ちした。 流れ流れてここ石川県にたどり着いたころ、尚美の妊娠が発覚。 周が生まれた。 この子だけは残留孤児という生まれながらの不遇を理由に、自分と同じ目に合わすことはできない。 そう考えた卓はこの地でゼロからのスタートを尚美とともに切った。 だが事はうまく運ばなかった。 残留孤児二世ということで世間の同情を買うことはできたが、それと仕事につくことは別。 彼を積極的に雇い入れるほど、世間は寛容ではなかった。 結果、ここでも卓は仕事に恵まれなかった。 朝晩、アルバイトを掛け持ちし寝る間を惜しんで働いた。 尚美もパートと自宅でできる内職仕事をこなすことで、相馬家の生計はなんとか成り立っていた。 周が10歳の頃、一家の大黒柱である卓が倒れた。 無理が祟ったのだ。 とたんに相馬家は資金繰りに窮する。 経済的救済を求めて尚美は駆けずり回った。 ありとあらゆるツテを頼ったが、それは徒労に終わった。 万策尽きすべてを諦めかけた、そのときのこと。 相馬の窮状を聞きつけてある男が家を訪ねてきた。 本多喜幸の元で書生生活を送っていた28歳の村上隆二である。 残留孤児問…

続きを読む

第15話 前半

3-15-1-1.mp3 内線電話の音 「はい。あぁそう。通して。そのまま部屋に入ってきてって言って。」 電話を切る音 ノック音 ドアが開く 「お久しぶりです安井さん。」 「久しぶりだね椎名くん。」 編集機材の数々が並ぶこの部屋の様子を椎名はまじまじと見た。 「あ、はじめて?こういうの。」 「ええ。」 「あ、そう。いろんな機材あるけど、君がやってることと基本的に一緒だよ。ここでやってることは。」 「いえ、自分は専門的な勉強をしてないので、いわゆるその波形の味方とか知らないし、音響の関係については本当に素人です。」 「いいんだよそれで。見るに耐えるクオリティのものさえできればそれで良いんだ。」 「そうですか?」 「変に凝りすぎても、その凝ったところが視聴者に伝わらないとただの自己満足だからね。」 「そうともいいますね。」 「まぁかけて。」 安いは自分の隣のオフィスチェアに座るよう促した。 「俺は君にこの編集機材を使わせてくれって言われてる。」 「僕には専門的すぎて使えません。」 「え…。」 椎名は安井に向かって微笑んだ。 「じゃあ…。」 「これ。」 おもむろに椎名は一枚の牛丼チェーン店の食券の切れ端をとりだして、それを安井に手渡した。 「なに…これ。」 「食券です。390円の。」 「…見りゃわかるさ。」 「こいつを大川さんに渡してください。」 「大川さんに?」 「はい。」 食券を…

続きを読む