第41話

3-41.mp3 「おい…。おい…。」 薄っすらと開いた目にぼんやりと人影が映る。 「大丈夫か。いい加減起きてくれ。」 ー起きる?何言ってんだ。俺は起きてるよ。 ゆっさゆっさと自分の体が揺さぶられているのに気がついた。 「おい。しっかりしてくれ。なぁ。」 ーあーめんどくさいなぁ…こいつ…そっとしてくれよ…。」 「おい!」 ビンタの音 頬がじんわりと熱を持っている。 そこに手のひらをあてがった彼はゆっくりと目を開いた。 男がこちらを覗き込んでいた。 「あ…。」 「あ…じゃないだろ…。大丈夫かよお前…。」 「あれ…。俺…こんなところで何やってんだ…。」 「え?」 「俺、なに…まさか寝てた?」 「あぁ…死んだように寝てたよ。」 「いつの間に…。」 あまりにも呆然とした表情の彼の様子が気になった。 「おい、お前俺のことはわかるか?」 「あ、あぁ…。」 「俺の名前は。」 「…ビショップ。」 「はぁ…よかった…。」 空閑はひとまず安堵の表情を見せた。 「随分疲れてるんだな。何やっても何の反応もしなかったんだぜ。本当に死んだのかと思った。」 「あ…すまない…。俺、全然記憶ないんだ。車に乗って、金沢駅の門を見上げて、目的地の場所をカーナビで見て…。」 「金沢の観光プロモーションビデオをカーナビに表示して、お前に見てもらってたらいきなり寝落ち。」 「え?」 「えって…本当に記憶ないんだな。」 …

続きを読む