第50話

3-50.mp3 時刻は14時。 外来患者の診察をひと通り終えた彼は、自分の車の中で昼食をとっていた。 パンを齧りながら彼は器用に携帯電話を操作する。 「一時はどうなることかと思った。けど流石だなクイーン。君が処方してくれた強めの薬が効いたみたい。」 「副作用は。」 「それも心配ない。直接その目で見てもらった。金沢自分癒やしの旅って当初の目的は果たされつつあるよ。」 「そう。よかった。」 「今日はこれからナイトが言ってた自分のルーツを探る的な場所一緒に巡って宿へ届けることにするよ。」 「宿はどこ?」 「それは言えない。」 「どうして。」 「直接会うだろ。」 「だめか。」 「何度も言うように、君とナイトが直接接触するにはリスクが有る。公安が嗅ぎつける可能性は排除したい。」 「ビショップ。」 「なんだい。」 「時間の問題なんだ。」 「え?どういうこと?」 「ナイトはもう長くない。すでに脳の状態は限界まで来てる。」 「ということは…。」 「自分で死を選ぶ。」 「まじかよ…。」 「ナイトには山県という特別な安定剤があったからここまでもった。」 「まて、今回わざわざ直接投与したんだ。効き目はあるんだろ。」 「朝戸慶太という人格の洗脳という行為自体が人為的なもの。それを制御、維持するためにさらに人為的な投薬。その副産物である記憶障害、人格障害をさらに人為的に制御。心のすべてを人の手で制御するというのは到底無理なもの。いずれ破滅はやってくる。」 「リミ…

続きを読む

第49話

3-49.mp3 「は?天宮が殺された?ついさっきトシさん直接調べとったんに?」 「おう。相馬が第一発見者や。」 「なんや…それ…。」 片倉は頭を抱えた。 「細かいことはあとでそっちに報告入るやろうし、そこらへんは置いとく。」 「あぁ…そうしてくれ…。」 「ひとつ興味深いことがあった。」 「なんや。」 「目の写真。」 「なに…。」 「目の写真が天宮んちの隠れたところの壁に貼られとったらしい。」 「なんじゃいや…それ…。」 通を歩いていた片倉は目の前に偶然飛び込んできた教会の姿を見つめた。 「あの目、そのものが神言うとったからな。天宮。」 「ふっ…隠れキリシタンって感じやな。」 「ほやな。ところで曽我の方はどうや。」 「一応会った。」 「どうやった。」 「なんや余裕のない感じやったぞ、あいつ。トシさんから聞いとった謙虚で正直な奴ってイメージはちょっと違うようやった。」 「ふうん…東一って環境が人をそうするんかな。」 「なんやそれ。」 「いや気にすんな。で曽我なんかおもろいこと言っとったか。」 「別に大したことは言っとらん。例のブツについては日頃の感謝の気持ちを定期的に形にしただけやって。」 「どういうこと?」 「天宮に世界各地の名産品とかを送っとったってさ。」 「はぁ?そんなもん今どき欲しいもんがありゃネットかなんかですぐに手にはいるがいや。」 「天宮はネットとかその手のことはとんとだめでいや。世界各地の名産品をマメに上納して…

続きを読む

第48話

3-48.mp3 金沢市内某スーパーマーケット。昼時のここの惣菜コーナーにはスーツや制服姿の者たちが目立った。 その中に溶け込むように弁当類を物色する三波の姿があった。 「いらっしゃいませ。」 妙齢の女性が三波のレジをしてくれた。 バーコードを読み取る音 「298円です。」 「TDで。」 「TD支払いですね。そこのリーダーでお願いします。」 「ディンギ♪」 ふと彼女の胸元にかかる名札に目をやると、そこには安井と書かれていた。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー スーパーの搬入口からタバコを手にして出てくる制服姿の女性を見つけた。 「安井さん。」 自分の名前を呼ばれた彼女は立ち止まってこちらを見た。 傘をさした男がひとり立っていた。 「私ちゃんねるフリーダムの三波と申します。休憩時間にすいません。」 「ちゃんねるフリーダム…。」 「ちょっとご主人について聞きたいことがありまして、3分ほどお時間頂戴できませんか。」 「あの人が何か?」 「ここじゃ何ですから、ちょっと隣の公園でお話できませんか。」 「いいですよ。」 二人はスーパーの隣りにある公園の四阿(あずまや)に腰を掛けた。 タバコの火を付ける音 「安井さやかさんですね。」 「はい。」 「改めまして私、ちゃんねるフリーダム報道部の記者、三波と申します。ご主人の隆道さんとは仕事でよく一緒に組んでまして、大変お世話になってます…

続きを読む

第47話

3-47.mp3 何の応答もない。 ー留守か…。 手をかけて扉を引くと、それはすんなりと開いた。 ーえっどういうこと…。 「天宮さーん。すいませーん。」 返事がない。 「こんにちはー。天宮さーん。郵便でーす。」 確認のため再度呼びかけるも反応はなかった。 扉の隙間から見える玄関の様子は古田が言っていたとおりの散らかり様だ。 老年の男がひとりで生活を営んでるとは到底思えないほど種々雑多な履物類が散乱している。 男物の草履のようなものがあると思えば、若年層が履きそうなスニーカー類もある。 はたまた女性もののパンプスがあったり、ブーツのようなものもあった。 ーどれもいうほど埃をかぶっていないな…。それにしてもなんでこんなにいろんな靴があるんや。こんだけの人間がいっつもこの家に出入りしとるとも思えんし…。 とにかく鍵をかけずに留守というのは不用心極まりない。 だからといって無断で住居に入って、留守番をするなんてこともできない。 ー困ったな…。 相馬はその場で電話をかけた。 「あ、古田さん。」 「おうどうした。」 「いま天宮の自宅の前にいるんですが、留守なんです。」 「あ?もうどっか行ったか。」 「まぁたぶんそうなんでしょうけど、鍵空いとるんです。」 「え?」 「玄関扉に鍵かかっとらんのです。んで呼びかけても何の返事もないんです。どうします?」 「不用心な…。部屋の散らかり様もそうやけど、そこんところま…

続きを読む