第50話

3-50.mp3 時刻は14時。 外来患者の診察をひと通り終えた彼は、自分の車の中で昼食をとっていた。 パンを齧りながら彼は器用に携帯電話を操作する。 「一時はどうなることかと思った。けど流石だなクイーン。君が処方してくれた強めの薬が効いたみたい。」 「副作用は。」 「それも心配ない。直接その目で見てもらった。金沢自分癒やしの旅って当初の目的は果たされつつあるよ。」 「そう。よかった。」 「今日はこれからナイトが言ってた自分のルーツを探る的な場所一緒に巡って宿へ届けることにするよ。」 「宿はどこ?」 「それは言えない。」 「どうして。」 「直接会うだろ。」 「だめか。」 「何度も言うように、君とナイトが直接接触するにはリスクが有る。公安が嗅ぎつける可能性は排除したい。」 「ビショップ。」 「なんだい。」 「時間の問題なんだ。」 「え?どういうこと?」 「ナイトはもう長くない。すでに脳の状態は限界まで来てる。」 「ということは…。」 「自分で死を選ぶ。」 「まじかよ…。」 「ナイトには山県という特別な安定剤があったからここまでもった。」 「まて、今回わざわざ直接投与したんだ。効き目はあるんだろ。」 「朝戸慶太という人格の洗脳という行為自体が人為的なもの。それを制御、維持するためにさらに人為的な投薬。その副産物である記憶障害、人格障害をさらに人為的に制御。心のすべてを人の手で制御するというのは到底無理なもの。いずれ破滅はやってくる。」 「リミ…

続きを読む