第52話 後半

3-52-2.mp3 おもわず空閑は車のブレーキを踏んでしまった。 「ツヴァイスタンって…社長…。」 「日本とは国交もない中央アジアの未開の国。ありえんだろ。」 ミラー越しに自分を見つめている仁川に気がついた。 後部座席から向けられる視線は圧倒的な殺気をまとっていた。 空閑は思わず身震いした。 「そのまま車を走らせるんだ。」 明らかに仁川の声色が違う。 空閑は言われた通りアクセルを踏んだ。 「妙な動きをした瞬間、君の脳みそがフロントガラスに飛び散るからね。」 撃鉄を引く音 「つ…着きました…。」 恐る恐るルームミラーで仁川の様子を伺うと、彼は窓の外を眺めていた。 空閑が運転する車は美川の小舞子海岸にあった。 外の雨は止む気配がない。 時刻は19時半。もちろん日は沈みきっており、あたりは漆黒の闇。波の音を遮るほどの雨の振り様だ。 「真っ暗だな。」 「は、はい。」 「これだけ雨降ってれば、誰にもバレずに上陸できたんだがな…。」 「な、何言ってるんですか?」 「あのときも僕のヘマで二人殺してしまった。」 「え?」 手にしていた拳銃のようなものを仁川は懐にしまった。 「しゃ、社長…いま、なんて?」 「殺した。二人。」 「こ、ころした?」 「ああ。」 ついさっきまで仁川は銃口をこちらに向けていた。 その行動が仁川の言葉の信憑性を補完した。 「僕は無益な殺生は好まない。妙な行動をしなければ俺は何…

続きを読む

第52話 前半

3-52-1.mp3 8年前 雨音 車が走る 「空閑くん。今週末のコミュの参加者は?」 後部座席に座る男がハンドルを握る空閑に尋ねた。 「10名程度と聞いています。」 「村井が言ってたの?」 「はい。」 「そう…じゃあ7名だね。」 「え?社長どういうことですか?」 「彼はちょっと数字を盛る癖があるから。」 「…確かに。」 「まぁでも着実に定着してきてるからいいんだけど。」 「はい。まだまだ小さな所帯ですが、定期的に開かれるコミュは安定的な参加者を確保しています。時間が経てばそのうち大きくなりますよ。」 「そうだね。」 「なんてったってこっちには社長とバギーニャが居ますから。」 「僕はどうってことはないさ。バギーニャの力によるところが大きいよ。」 携帯電話が鳴った。 「おつかれさまです。仁川です。」 「やっちまったぞ。」 「なんですか?」 「おまえんところから派遣されてるSE。石大病院のシステム開発中にバックレた。」 「え…。」 「うちの主力チームの一員なんだよ。優秀なやつだったから結構な割合で仕事任せてたらこれだ。」 「申し訳ございません。」 「…いいよ。とにかくすぐ代役を派遣してくれないか。」 「代役ですか…。わかりました。とにかく私が現場に入ります。」 「え?そんなことはしなくていいよ。」 「代役はそんなに簡単に用意できません。それまでは私がつなぎで行きます。」 「お前が現場に入ったら会社が回らない。それは…

続きを読む