第56話

3-56.mp3 東京駅の新幹線のりば。その改札近くの柱に寄りかかって、ひとり佇む男がいた。 多くの人が行き交う場所で一箇所にじっと立つのは、何かの目的があってのこと。 大事な人の到着を待つであるとか、出発までの時間が妙にあるため、とりあえず足を止めて時間を調整しているかのどちらかの理由が考えられる状況だが、彼はどちらでもなかった。 彼は敢えてこの人混みの中にその身を置いていた。 「はい。」 「俺だ。」 「あっ情報官。」 雑踏の音が電話越しに聞こえる 「肩書はやめろ。他に聞こえる。」 「はい。すいません。」 「ったく…百目鬼…どこまでお前はうっかりさんなんだ…。よくそんなで理事になれたもんだ。」 「これだけ雑だから生き残ってるのかもしれませんね。」 「お前いまどこに居るんだ。」 「東京駅です。」 「なんでそんなところにいるんだ。」 「ちょっと野暮用がありまして。」 「あのなぁ…。」 「わかっています。目黒の件でしょ。」 「わかってんだったら、なんとかしろ…。」 「何とかって…人質事件は刑事部と機動隊のヤマです。え?陶さん。まさか目黒の人質、ウ・ダバとかと何か関係あるんですか?」 「いや…そんな話はこっちに入っていない。」 「だったら畑違いです。素人が首突っ込む話じゃありません。」 「ふぅ…。」 電話の向こう側からため息が聞こえた。 「あ、ありがとうございました。」 「いや別に。」 「おかげで松永課長と会えました。」 「…

続きを読む