第62話

3-62.mp3 警視庁公安特課機動捜査班。 そのセンターテーブルに過去の捜査資料を広げて何かを調べる男がいた。 「紀伊主任。」 「うん?」 「時間ですよ。」 「あ?」 紀伊は壁にかけられている時計に目をやった。時刻は18時15分だった。 「どうした?」 「何いってんですか。主任言ったでしょ。15分後声かけてくれって。」 部下を見つめた紀伊は固まった。 「…え?」 「遅っ…。」 「そんなこと言った?」 「あの…ちょっとまって下さいよ。大丈夫ですか主任?百目鬼理事官見送って15分後に俺に声かけてくれって言ったじゃないですか。」 今度は自分の腕時計に目を落とす。 5秒ほどして紀伊は突然慌てた様子でテーブルの上を片付けだした。 「あぁいいですよ。自分やっておきますから。」 自分の予定を完全に忘れ去るほど仕事に没頭しているのか、それとも疲れがピークに来ているのか。 上司である紀伊の様子を見かねた彼は代わりに片付けだした。 「悪ぃ。」 「どこ行くんですか主任。」 「ちょっと待ち合わせしてたの思い出した。」 「女ですか。」 「いや。」 「なんだ…仕事ですか…。」 「うん。」 「はぁ…相勤はどうです?」 「いやいい。俺だけでいい。」 「留守どうします。」 部下は空席である班長席を指差しながら紀伊に言った。 紀伊は特高部屋を見回した。ここには自分と目の前の部下、そして他に5名程度の人員が詰めている。 「…

続きを読む

お便り4

おたより3-4.mp3 今回お便りくださったのは塩肉さんです ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【公式サイト】 http://yamitofuna.org 【Twitter】 https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。 皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。 すべてのご意見に目を通させていただきます。 場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

続きを読む

第61話

3-61.mp3 時刻は17時半。外来診療は終了し東京第一大学附属病院の様子は昼間と打って変わって落ち着いた空気に包まれていた。 診療科ごとに設けられた受付窓口で、事務員がパソコンを操作し何かの入力作業をしていると思えば、その奥から時々談笑が漏れ聞こえる。 片倉はその中の一つの心療内科の前に立った。 「何か用ですか。」 受付の女性が片倉に声をかけた。 「あの曽我先生はいらっしゃいますか。」 「失礼ですが、どちら様ですか。」 「ドットメディカルと申します。」 そう言って片倉は名刺を彼女に渡した。 「ドットメディカル?」 「はい。」 女性は聞き覚えのない社名であるといった顔つきである。 「お約束か何かですか。」 「いえ。」 「先生はお忙しいので、約束のない方とお会いにはなりません。」 「約束はありませんがついこの間も先生とお話してまして。」 「でも今日はアポ無いんでしょ。」 「はい。」 女性は困ったような表情を見せて一旦席を外した。そして奥の方で誰かと何かを話して戻ってきた。 「先生は本日から3日間お休みを頂いています。」 「え?お休み?」 「はい。」 「あ。あぁ…そうですか…。」 「なので日を改めてください。」 「今日から3日ってことは、火、水、木…。金曜ですね。先生がいらっしゃるのは。」 「はい。」 「ご親切にありがとうございます。」 片倉は女性に向かって丁寧に頭を下げた。 携帯操作音 …

続きを読む

お便り3

おたより3-3.mp3 今回お便りくださったのは前原一人さんです ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【公式サイト】 http://yamitofuna.org 【Twitter】 https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。 皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。 すべてのご意見に目を通させていただきます。 場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

続きを読む

第60話

3-60.mp3 「お客さん…警視庁の正面って、本当に正面ですか?」 「本当に正面ってどういうこと?」 「ほらあすこ正面に鉄柵してあったり警官が立ってたりで中に入れない感じになってるじゃないですか。」 「あったりまえじゃん。帝都の治安を司る警視庁だよ。警備は厳重さ。」 タクシー運転手は右手に見えてきた皇居外苑の姿に目をやった。 「そんなガチガチんところに俺が運転するタクシーなんかがしれっと横付けなんて本当にできるんですかい?」 「なに言ってんの?俺の勤め先だよ。会社だよ会社。従業員がやむなくタクシーで通勤することになっただけ。」 「はぁ…。」 「ビビってないで堂々とズザーッって突っ込んで。重役の到着って感じでさ。」 築地方面から走ってきたタクシーは桜田門の交差点前まで来た。テレビなどでよく見る台形の警視庁の建物がそびえ立っている。その正面では鉄柵をいそいそと動かして通路を開けている警察官の姿があった。 「そのまま左に曲がって。」 言われたとおりタクシーは交差点を曲がる。 「赤レンガの前でUしてそのままその通路から入って。」 運転手は言われたとおりに車を操り、警官が立つ通路に滑り込んだ。 百目鬼は窓を開け鉄柵は開いた警官に敬礼する。すると彼もそれに敬礼で応えた。 ーこのあんちゃん…いったい何者… 正面玄関前に到着するとそこには3名の背広姿の男たちが立っていた。 「ありがとさん。そこに立ってる奴からタクシーチケットもらって…

続きを読む

第59話

3-59.mp3 朝から振り続ける雨は、いつもよりも早い夕闇が訪れていた。 前照灯を灯した彼は携帯電話を操作し電話をかけた。Bluetoothヘッドホンを装着する彼はハンドルを握ったまま口を開く。 「三好。」 「なんや。」 「ちゃちゃ入ったわ。」 「え?もう?」 「岡田課長から椎名のマークを一旦やめろって。」 「課長から?」 「ああ。」 「どいや…ってか課長ねんろ。椎名つけろっていったんは。」 「おう。椎名の尾行バレたらワシか課長のどっちかがモグラの可能性があるって言っとった本人がやっぱやめろって。」 「その言いっぷり真に受けると、どっちがモグラか課長には分かったってことか。」 「…そうなるな。」 「なんやワケワカランな。」 Bluetoothヘッドホンを装着したまま富樫はそのまま車を運転する。 「まぁお前は一旦離脱してくれ。」 「わかった。」 「こっからはワシがやる。」 「頼む。」 さっきからずっと椎名の車のルームミラーに映っていた白いバンは、 ウィンカーを出し交差点を曲がって姿を消した。 「早い…。」 椎名は再び携帯を通話の状態にし、その受話器に指をあてがった。 「消えた。」 -・-・・ -・--- -・  「よし。」 -- --・-・  「早い対応助かる。」 -・・・ ・-- ・- -・ ・- ・-・・・ ・・-   -・ ---・- ・-・・ -・--・  「礼には及ばん。」 --- ・- -・…

続きを読む