第74話

3-74.mp3 公安特課機動捜査班のフロアには常時20名程度の人員が詰めている。部屋の中央には大きなセンターテーブルが置かれ、それを囲むように各捜査員のためのパーテーションで仕切られたスペースがある。 ここに戻ってきた紀伊は部屋の主である片倉の席の方を見た。そこはまだ空席だ。 「班長はまだ?」 紀伊は近くの捜査員に声をかけた。 彼は片倉の席をちらっと見て応える。 「ええ。ごらんのとおりです。今日は殆ど空けてますね班長。何かあったんですかね。」 「そうだな…。」 「主任ご存じないですか。」 「あぁ、何も聞いてない。」 「あの…それってどうなんですかね。」 「うん?」 「仕事柄秘密裏に動くのは仕方ないですけど、少しは部下の俺らにも言ってくれないと、正直不信感が募りますよ。」 「やめろ。そんなネガティブな事言うな。」 部下の愚痴を注意した紀伊は自分の席に移動した。 「主任の自己犠牲の精神は立派だ。部下の鏡だよ。けどね。人間、班長みたいな人間ばっかりじゃないんだよ。現に、君の部下から僕は片倉班長に関する苦情を聞いている。あぁご心配なく。君がいま思い浮かべている人物以外からも。」 「上司を思いすぎるために部下をないがしろにするのは良くないよ。紀伊主任。」 「いい?僕は困ってるの。片倉班長に。」 「だから君にヒントをあげたんだ。特高を頼むよ。」60 ーもしかして俺が思ってる以上に、特高内の不満は高まってるのか…。 椅子の背もたれに上着を…

続きを読む