第77話

3-77.mp3 「あ、ヤスさん。」 缶コーヒーを手にした安井と偶然、廊下で遭遇した黒田は彼に声をかけた。 「なんだ。」 「なんだって、気になりますよ。」 「なんで?」 「だってその顔。」 黒田は安井の顔を指差した。 「顔?」 「ええ。酷いクマですよ。」 安井は携帯のインカメラを起動して自分の顔を様子を確認した。 「本当だ…。やべぇな…。」 「ヤスさん。酒は?」 「飲んでねぇよ。」 「じゃあ何なんでしょうね。心配になるくらいです。」 「確かに…。」 「寝不足とかですか?」 「あぁ…確かに最近、寝れてないか…。」 スマホの画面に映し出される自分の顔をまじまじと見ていた安井はそれをしまった。 「仕事、振ったほうがいいですよ。」 「振ってるよ。」 「京子に外注使わせたのは、あいつの成長から考えていいタイミングでしたね。」 「あ、そう。」 「あいつもそろそろリスクの取りどころを覚えて欲しいお年頃なんで。」 「進捗はどうよ。」 「いい感じです。」 「そっか。じゃあ結構だ。」 「どこの業者使ってるんですか。あいつ。」 「フリーランス。」 「フリー?」 「うん。」 「いい腕してますね。冗長な感じを受けさせない簡潔明瞭な編集です。」 「そう?」 「ええ。よかったら自分にも紹介してくれませんか。」 「あぁまた今度な。」 「え?今度?今度と言わず教えて下さいよ。」 「近いうちにここの会社に来るだろうから、そのと…

続きを読む