第84話

3-84.mp3 No.2の扉が開かれ中から男二人が出てきた。 「おはようございます!椎名さん。」 「えっ。」 不意に大きな声をかけられた椎名はあたりをキョロキョロと見回した。 廊下の向こう側にリックを担いだ見覚えのある女性が立ってこちらに手を振っていた。 「あ、片倉さん。」 「お、京子のやつ来てたんだ。」 彼女はこちらに駆け寄ってきた。 「どうしたんですか椎名さん。こんな朝早くに弊社にお越しだなんて聞いてませんよ。」 「あぁ…実はちょっと本業の方で安井さんに用がありまして。」 「本業?」 「ええ。印刷の方で。」 京子は安井を見る。 「記念誌。」 「記念誌?」 「ああ。創業5周年の記念誌製作。」 「え?そんな話聞いてません。」 「俺は聞いてるの。」 「京子。心配ない俺も聞いてる。」 黒田がどこからともなく3人の中に入ってきた。 「安井さん社長に一任されてるんだ。」 「え…まさか、それで密かにいっぱいいっぱいになって、私の仕事断って椎名さんに紹介したとか…。」 安井は京子と目を合わせない。 「図星?」 「…否定できない。」 「まじですか。」 目をそらしたまま安井はうなずいた。 「キャパせまっ。」 「なにぃっ!?」 「10年20年の話なら資料集めたり取材したりで結構大変やと思うけど、5年でしょ。そんなんチャッチャッってできません?」 「あほ。俺は制作畑なんだよ。記者畑の人間と一緒にしな…

続きを読む

第83話

3-83.mp3 「全部ですか?」 「うん。ここのリストにある動画全部止めてくれない?」 「そんな…。」 「社長命令。」 「本当ですか!?」 「ああ本当。」 「わかりました…。」 編成責任の彼は黒田に言われたとおり、パソコンを操作してそれらの配信を止めだした。 「全部手作業です。ある程度時間かかります。」 「いい。いっぺんに全部消えるより自然でいい。」 「でもユーザー対応どうします?」 「諸般の事情で配信を一時的に停止します。再開の目処がたった段階で改めてお知らせします。この文章を配信停止コンテンツに表示できるようにできない?」 「できます。」 「じゃあそんな感じでお願い。」 「わかりました。」 「このこと社内で知ってるのは俺と君だけだから。バレたらその段階で社長から社内にアナウンスするらしいから心配しないで。」 「今までの分はそうやって対応するにして、これから制作から上がってくるコンテンツはどうします?」 「それはそれでそのまま上げて。あとで必要に応じて対応するから。」 「了解です。」 編成責任者の肩を軽く叩いた黒田は、その部屋から退出した。 そしてそのままトイレに向かい、その個室に入った。 そこで彼は携帯を手にしてアプリを起動する。 画面には部屋の様子が俯瞰で捉えられていた。 ー戻ってきた…。 安井がエナジードリンクを手にして部屋に入ってきた。 編集機材の前に座り、彼はその蓋を開く。 ごくごくと喉を鳴らしてそれを飲み…

続きを読む

第82話【後編】

3-82-2.mp3 「はい小早川です。あぁ部長。…そうですね。まぁ一ヶ月程度はやはり見てもらわないと。それにしても部長も人が悪い。私のことをヒアリングする人間をよこすならよこすで、事前に言ってくれればそれなりに対応したのに。…え?そんな人間派遣していない?」 小早川の顔つきが変わった。 「じゃあ、いま私の目の前にいる中村って誰なんですか。」 「…。」 「…ええ。はい。いま私の研究室に居ます。」 「…。」 「休み?はぁ…ほう…。あぁなるほど…そうなんですか。仕事熱心な人材なんですね。ええ、わかりましたよ。いえ、無礼ではありません。むしろ優秀じゃないですか。」 電話を切る音 「部長びっくりしてましたよ。」 「え…。」 「あなたが有給休暇使ってまで秘密裏に動いているって知って。」 「あ、あぁ、そうですか。」 「プロパー組を説得させる材料を私から得るために、わざわざ有給使ってここに来たんでしょう。」 「はい。」 「やはりあなたは只者じゃないですね。石川に赴任した際は悪くしません。」 「ありがとうございます。」 小早川の表情を見る限り、彼はすっかり三波に心を開いたように受け止められた。 これからもこの男との関係を良くしたい。それは今後の人生にプラスになるはずだ。 石川大学の中村であればそう思うだろう。 だが三波は中村ではない。 「先生。」 「なんです。」 「個人的な関心事なんですが聞いてもよろしいでしょうか。」 「どうぞ。」 「…

続きを読む

第82話【前編】

3-82-1.mp3 「愚民ね…。ホッホッホッ…。」 ー何だこいつ…。本気でやばい奴なんじゃねぇの…。人が二人死んでんだぞ。なのにここで笑うか? 「どうぞ。」 三波の前にコーヒーが出された。 「大したものではありませんが。」 「いえいえ…先生直々にとはもったいない。ありがたく頂戴します。」 こう言って三波は出されたそれに早速口をつけた。 「はぁー。うまい。」 「それは結構なことです。」 小早川もまた自身が手にするコーヒーカップに口をつけた。 三波は周囲を目だけでさっと見回した。 書架には学術書のようなものが整然と並び、机にはラップトップのパソコンが配され、必要最小限の書類しかない。 何度か大学の研究室なるものを訪問したことがあるが、この空間は研究者の性格が出る。 この小早川のように本当に研究をしているのかと疑いたくなるほど整理された部屋もあれば、その逆に一体どこで作業をすればいいのかと首を傾げてしまうような散らかり具合の部屋もある。 小早川の部屋はあるべきところにあるものがあるといった感じを受け取られる空間だった。 ーん? 奥のデスクの上にもコーヒーカップのようなものがラップトップパソコンに隠れて置かれていることに気がついた。 ーじゃあ、いま目の前でこいつが飲んでるコーヒーってさっきの客の…。 ーとすると先客もいまの俺同様、お気に入りの人間だったってことか…。 「なんです?」 「あ、いえ。あまりに美味しい…

続きを読む

お便り5

お便り20200813.mp3 今回お便りをくださったのはテナガエビさんです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【公式サイト】 http://yamitofuna.org 【Twitter】 https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。 皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。 すべてのご意見に目を通させていただきます。 場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

続きを読む

第81話

3-81.mp3 時刻は7時50分。椎名の勤務する印刷会社の始業時刻は8時15分。始業25分前の到着。余裕のある朝だ。 制作フロアには椎名以外のスタッフはまだ出社していない。 彼は自席パソコンの電源を入れ、次いで各種端末を立ち上げた。 いつもの通りならあと10分ほどでこの部署の課長が出社する。 それまでは彼を邪魔するものはない。 人の気配を確認した椎名はおもむろに携帯のSIMカードを入れ替えた。 しばらくして通知が画面に表示された。 「ルークか…。」 こうつぶやくと椎名はそれをタップした。 「よくわからないことが起きている…だと…。」 会社の自販機で買った缶コーヒーの蓋を開けた椎名はそれにレスポンスする。 「具体的に教えてくれ。」 間もなく紀伊からの返信があった。 「キング。お前は天宮の死は他殺だって知ってたか。」 「あぁビショップから聞いてる。クイーンの病院に搬送されたんだろう。たまたまそれをクイーンが目撃、曽我の処分を速やかに実行させた。」 「俺は天宮の他殺も曽我処分のことも知らなかった。」 「おいおい待てよ。お前サツだろうが。」 「…おそらくサツの中で情報を隠匿している奴がいる。」 「待てよ。天下の特高を欺こうなんてそんな大それた奴がいるのか?冗談はよせよ。」 「冗談なんかじゃない。事実だ。」 紀伊の穏やかならぬ様子が文面から伝わって来ていた。 「曽我の処分はそれはそれでいいとしよう。しかし俺が預かり知ら…

続きを読む

第80話

3-80.mp3 「え?サブリミナル?」 携帯のマイク部分を手で覆って、周囲の人間に聞こえないように黒田は小声で通話を続ける。 「うん。そのリスト送ったからちょっと見てくれんけ。」 「は、はい…。」 メールを確認した黒田はそこに添付されているファイルを開いた。 「本当ですか…これ…。」 「面食らうやろ。その多さに。」 「は、はい…。」 「ちょいその中のどれかを一回確認してみてくれんけって言いたいのは山々ねんけど、それはせんといて欲しいんや。」 「なんでですか。」 「確認するお前がそのサブリミナルの餌食になる。」 「あ…。」 「このリストは人の手で作っとらん。所謂AI的なあれに抽出してもらった。こいつの影響を最小限にするためにな。」 「その…サブリミナルなんですが、どういった内容のもので?」 「すでに結果が出とる。」 「結果?」 「おう。ほら最近全国でやたらテロまがいの事件起こっとるやろ。」 「はい。」 「その被疑者のほぼ全てがぶっ壊せとかぶっ潰せって言っとるのは知っとるか。」 「はい。」 「それや。」 「まさか…。テロを誘発させる内容のものなんですか。」 「こいつが直接的な原因なんかは科学的に証明はできん。でも結果が出とるんや。」 「でも…。」 「黒田。」 「はい。」 「科学とかは正直今の所どうでもいいんや。そんなもんこの段階ではただ自分の考えを正当化するための呪いみたいなもんやからな。」 「はぁ…。」 「いいか、もう有…

続きを読む