第80話

3-80.mp3 「え?サブリミナル?」 携帯のマイク部分を手で覆って、周囲の人間に聞こえないように黒田は小声で通話を続ける。 「うん。そのリスト送ったからちょっと見てくれんけ。」 「は、はい…。」 メールを確認した黒田はそこに添付されているファイルを開いた。 「本当ですか…これ…。」 「面食らうやろ。その多さに。」 「は、はい…。」 「ちょいその中のどれかを一回確認してみてくれんけって言いたいのは山々ねんけど、それはせんといて欲しいんや。」 「なんでですか。」 「確認するお前がそのサブリミナルの餌食になる。」 「あ…。」 「このリストは人の手で作っとらん。所謂AI的なあれに抽出してもらった。こいつの影響を最小限にするためにな。」 「その…サブリミナルなんですが、どういった内容のもので?」 「すでに結果が出とる。」 「結果?」 「おう。ほら最近全国でやたらテロまがいの事件起こっとるやろ。」 「はい。」 「その被疑者のほぼ全てがぶっ壊せとかぶっ潰せって言っとるのは知っとるか。」 「はい。」 「それや。」 「まさか…。テロを誘発させる内容のものなんですか。」 「こいつが直接的な原因なんかは科学的に証明はできん。でも結果が出とるんや。」 「でも…。」 「黒田。」 「はい。」 「科学とかは正直今の所どうでもいいんや。そんなもんこの段階ではただ自分の考えを正当化するための呪いみたいなもんやからな。」 「はぁ…。」 「いいか、もう有…

続きを読む