第87話

3-87.mp3 石川大学医学部の駐車場。ここの車で人の往来を観察する古田がいた。 「ふーっ…石大の医学部とか病院とか、なんやかんやでワシここにべったりじゃないですか。」 「んなこと言わんと。」 「せっかく母屋でコチーって座って仕事できるかと思ったら、また現場。しかも雨。ねぇ岡田課長。」 「人手が足りないんですよ。」 「あ、出てきた。んじゃまた後で。」 そう言って古田は電話を切った。 「千種さん。」 傘を指しているその背後から声をかけられた彼は振り向いた。 「千種賢哉さんですね。」 「…。」 「あの、千種賢哉さんですね。」 「違います。」 「え?」 背を向けて付近のコンビニに向かって歩き出したため、古田はそれを追った。 「ちょ…ちょっとまってください。」 「人違いです。」 「じゃあなんで名前読んだらこっち向いたんですか。」 彼は足を止めた。 「だって僕は千種ですもん。」 「はい?」 「千種錬です。」 「レン?」 「はい。じゃあ。」 「チョット待って。」 「何なんですか。昼メシくらい買わせてくださいよ。」 「あなた千種賢哉でしょうが。」 「だから違うって。」 「おい。誂うなま。」 古田の声色が変わった。 「なんですか…。脅しですか。」 「脅しでもなんでもないわい。ジジイやと思って舐めとるとシバくぞ。」 「何やって?」 今度は千種は古田にガンを飛ばした。 「石大医学部には千種っ…

続きを読む

第86話

3-86.mp3 「はい。間違いなく中村文也は石川大学病院部総務人事課の人間です。」 「わかった。スクリーンショットでいい。送ってくれ。」 「はい。」 紀伊は言われたとおり、画面に表示されるそれを送った。 「ところで百目鬼はどうだ。」 「班長をよく思っていない様子です。」 「そうか。」 「はい。自分に班長の代わりを担わせたい的なことをほのめかしてらっしゃいました。」 「それは良かったじゃないか。」 「…いえ。」 「どうした?あまりパッとしない様子だな。」 「…そこで相談したいことがありまして。」 「何だ。」 「あの…ここではちょっと…。」 「わかった。あれで。」 「了解。」 席を外した紀伊はトイレの個室に移動し、SNSを立ち上げた。 「何かと目障りな片倉班長を排斥する動きを見せる百目鬼理事官はこちら側の人間なんでしょうか?」 「わからん。」 「じゃあ…なんで…。」 「どうした。何があった。」 「理事官は新宿のマル被の記憶がおかしいことについて、捜一はすでに手がかりを掴んでいるはず。なのに捜査は一向に進展していないのはおかしいといっています。」 「なに?捜一はすでに手がかりを掴んでいるだと。」 「はい。」 「まさか奴はすでに鍋島能力のことを知っていると?」 「おそらくそうではないかと…。石川のやつとか言ってましたんで。」 「いつそれを…。」 「我々のような一部の人間しか未だ知らないはずのあれを理事官は知っている。となると百目…

続きを読む

第85話

3-85.mp3 ベッドに横になったまま空閑はスマホの画面に指を滑らしていた。 「あれ?」 ちゃんねるフリーダムのアーカイブ動画の一つをタップすると「諸般の事情で配信を一時的に停止します。再開の目処がたった段階で改めてお知らせします。」との表示が出た。 「なんだこれ…どうしたんだ。」 ベッドから身を起こした空閑は他の動画を確認した。 普通に再生されるものもあれば、今ほどのテキストが表示され、動画が再生されないものもある。 「メンテナンスでも入ったのか…。」 彼は歯噛みした。 「糞が…よりによってなんでこのタイミングで…。」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 車内の音 ーやっぱりだ…。 ルームミラーに目をやった椎名は心のなかでつぶやいた。 ー昨日から急に俺への監視が強化されてる。公安特課の連中、何を知った…。 ミラー越しに見えるのはどこにでもいるような白の商用車。 ワイシャツにネクタイときっちりとした格好の中年男性が、姿勢良く運転している。 ーこの監視体制。もうウチの会社とかちゃんフリの方まで聞き取り入ってるかもな。 ハンドルを切った椎名は通りに面した駐車場に車を滑り込ませた。 ーま、時間の問題か。 携帯のSIMを入れ替えた彼は鞄を担いで車から降りた。 瞬間、前方20m先に妙な気配を感じた。 さり気なくそちらの方に目をやると競技用のものと思われる自転車にま…

続きを読む