第87話

3-87.mp3 石川大学医学部の駐車場。ここの車で人の往来を観察する古田がいた。 「ふーっ…石大の医学部とか病院とか、なんやかんやでワシここにべったりじゃないですか。」 「んなこと言わんと。」 「せっかく母屋でコチーって座って仕事できるかと思ったら、また現場。しかも雨。ねぇ岡田課長。」 「人手が足りないんですよ。」 「あ、出てきた。んじゃまた後で。」 そう言って古田は電話を切った。 「千種さん。」 傘を指しているその背後から声をかけられた彼は振り向いた。 「千種賢哉さんですね。」 「…。」 「あの、千種賢哉さんですね。」 「違います。」 「え?」 背を向けて付近のコンビニに向かって歩き出したため、古田はそれを追った。 「ちょ…ちょっとまってください。」 「人違いです。」 「じゃあなんで名前読んだらこっち向いたんですか。」 彼は足を止めた。 「だって僕は千種ですもん。」 「はい?」 「千種錬です。」 「レン?」 「はい。じゃあ。」 「チョット待って。」 「何なんですか。昼メシくらい買わせてくださいよ。」 「あなた千種賢哉でしょうが。」 「だから違うって。」 「おい。誂うなま。」 古田の声色が変わった。 「なんですか…。脅しですか。」 「脅しでもなんでもないわい。ジジイやと思って舐めとるとシバくぞ。」 「何やって?」 今度は千種は古田にガンを飛ばした。 「石大医学部には千種っ…

続きを読む