105.2 第93話【後編】

3-93-2.mp3 「それが朝戸を鍋島にするってやつだったってか。」 「そう。」 「でも、すでにその実験は失敗に終わっている。その失敗続きのそれを、なんで朝戸にもって思ったんだ。」 「可能性をみたんだ。」 「可能性を見た?」 「うん。鍋島能力の発動の条件には膨大な負のエレルギーの蓄積ってのがあるんだけど、そのときの朝戸の感情の爆発は凄まじくってね。いままでに経験したことがないほどのものだったんだ。鍋島自身が抱えていた負のエレルギーも凄いけど、これも相当なもんだ。だから今度はうまくいくかもしれないって思ったんだ瞬間的に。」 「負のエネルギーか…。」 「ビショップ。君は当時の朝戸ほどの負のエネルギーは持ち合わせていない。東京で施術した対象の誰よりも負の感情を持っていない。」 「…。」 「そんな君に施術する…。いったいどういう結果がでるだろうね?ひひひ…。」 光定は不気味に笑い出した。 「あぁ…鍋島さん…僕に力を与えてください…。あなたはかつてこの場所にいた。ここで2人を殺した。そして同級生2人の人生をぶっ壊した。ここは聖地だ!お願いします…僕に、ビショップに、力を与えてください。」 急に宗教儀式めいてきた場の雰囲気と、狂乱ともいえる光定の様子に空閑は言葉を失った。 ーいいのか…俺…。 ー本当にこいつに自分のすべてを委ねていいのか…。 ーその術とやらが失敗したら俺はどうなる? ー自我を保っていられるのか? ーでも…ここで引き下がれるわけがない…。…

続きを読む

105.1 第93話【前編】

3-93-1.mp3 5年前… 「はい。」 「光定先生ですか。外来に先生を訪ねてきた方がいらっしゃってまして。」 「だ…れ?」 「あの…朝戸さんとかおっしゃっています。」 「朝戸?」 「はい。どうします。」 「あ…じゃあ…僕の部屋まで案内してあげて…。」 「え、いいんですか。」 「う…ん…。」 「でも第2小早川研究所の立ち入りは小早川先生から厳重に管理せよと言われているんですが。」 「問題ない。その人は信頼できる人だ。」 ドアが開く音 「よう。」 「どうしたの。」 「どうもこうもない。」 そう言うと朝戸は1枚の写真を写真を光定に見せた。 「なにこれ?」 「犯人。」 「え!?」 「紗季を殺した犯人さ。」 「…本当なのか。」 朝戸は首を縦に振る。 「じゃあさっそく警察に…。」 「ダメだった。」 「え?なんで?」 「もう行ってきた。何回も。でも警察として捜査は十分に行っているってさ。」 「どういうこと?それ。」 「俺の訴えは却下ってこと。」 「はぁ!?何いってんの!?警察の捜査が不十分だから朝戸、君が個人的に調べたんだろ。」 「そう。」 「なに?その写真の奴の証拠が…とか?」 「証拠はある。」 「じゃあ。」 「とにかく警察としては十分に捜査をしている。警察に任せてほしいってさ。」 「ってことは…。」 「体の良いお断りさ。」 「バカか!」 光定は声を荒げて机を叩いた。 「お前…そんな怒る…

続きを読む

104.2 第92話【後編】

3-92-2.mp3 「鍋島!?」 「ええ。研究対象の鍋島能力。その保持者であった本人です。」 「な…なんで…こんなものが…こんなところに…。」 「天宮先生の手配です。ちょっと警察の方面に手を回してこういうことにしてくださったんです。」 「ば…ばかな…わたしはこんなこと聞いていない。」 腰を抜かしたまま小早川はホルマリン漬けになっている人間を仰ぎ見る。 筋肉質な体型を保ったままのシルエットは美しかった。 彼の視線は体の全体的なシルエットから各部へと移動する。 すると特徴的なものに気がついた。 「なんですかこの体は…。」 体のいたる所に縫合の後が見える。 「体だけじゃなくて顔も色々いじってたみたいですよ。」 「え…顔?」 そういうと小早川は鍋島の顔を見た。 「ひいっ!」 彼が驚くのも無理もない。 髪の毛ひとつないつるっぱげ状態の頭皮には無数の縫合の跡。 そしてぱっとみた感じきれいな顔立ちであるそれにも至るところに縫合の跡があった。 しかし彼を驚かせたのはこれではなかった。 鍋島の目は上瞼と下瞼が縫い合わされた状態だったのだ。 「な…なんで…目が縫い合わされているんですか…。」 「あぁそれはあれです。」 そう言うと光定は同じくホルマリン漬けされている別のガラス製の容器を指差した。 そこには2つの眼球があった。 「目…?」 「はい。鍋島の眼球です。それとその隣にある脳。これらが得意な能力、いわゆる瞬間催眠の発…

続きを読む

104.1 第92話【前編】

3-92-1.mp3 「なんだってこんなところなんだ…。」 車一台がやっと通れるくらいの舗装されていない狭い道。 雨によってそれは泥濘んでいた。 ひょっとするとタイヤがスタックするかもしれない。 自身のない空閑は車を止め、その道を徒歩で進んでいた。 歩くこと数分。ようやく開けた場所に出た。 朽ちた小屋がある。 その側には車が止まっていた。 「四駆か…。」 扉を開く音 「遅かったね。」 暗がりに白いシルエットが見える。 白衣姿の光定だった。 「まぁ…。」 木床の軋む音 「ここは?」 「あぁ塩島一郎って爺さんの持ち物さ。ちょっと拝借したんだ。」 「いや、そういうことじゃなくて。なんでこんな熨子山の小屋なんかで。」 「熨子山って言ったら思い出さない?」 「え?」 「鍋島になるんだよ。君はこれから。」 「あ…。」 「そう。ここは9年前に起こった熨子山連続殺人事件のまさに現場さ。」 「ここが…。」 「ほら。いま立っているそこ。まさにそこで二人の被害者が鍋島によって殺された。ひとりはハンマーで撲殺。もうひとりはナイフで頸部をかっさばかれてね。ひひひ…。」 「おい…。クイーン…おまえどうしたんだ?」 「どうもこうもないよ。残念なんだ。君がどうしても鍋島になりたいっていうもんだからさ。」 「え?だって…おまえさっきあれほど嫌がってたのに。」 「嫌だよ。いまでも。またひとりナイトを誕生させてしまうかもしれないしね。」 …

続きを読む

103 第91話

3-91.mp3 石川大学病院部総務人事課。 人事課長の坊山に耳打ちする者がいた。 「え?光定先生が?」 「はい。急用が入ったっておっしゃって席を外してそのままなんです。」 「何?帰ったん?」 「わかりません。」 「はぁ…。で、診療の方は?」 「代わりの先生にまわしてもらっていますが、患者の待ち時間が…。」 「んなもん仕方ない。患者には事情を説明してなんとかしてもらえ。」 「はい。」 ーまずいことになった…。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1時間前。 「は?ウチの中村になりすまして小早川教授と面会?」 「そうだ。」 「え?今朝、部長にも電話でお伝えしたでしょう。中村は今日は休みです。中村本人じゃなくてですか?」 「だからお前をここに呼び出したんだ!」 机叩く 「坊山!なんで外部の人間がウチの人間に成りすますことができるんだ!個人情報ダダ漏れじゃないか!」 「申し訳ございません…。」 「どういう管理をしてる。」 「は?」 「だから!なにをどうすればこんなヘマが起こるんだ!」 「原因究明はこれから行います。」 「くそっ!」 荒ぶる病院部長を前にこの坊山はただ静かにそれに応えるしか方法を見い出せなかった。 「ところで光定先生は大丈夫か。」 「は?」 「光定先生には変わりはないか。」 「光定先生?え?はぁ、まぁいつもどおり今頃外来で診療していると思いますが。」 「小早川先生は…

続きを読む

お便り 7

おたより3-6.mp3 今回は左甚五郎さんからお寄せいただいたお便りです。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【公式サイト】 http://yamitofuna.org 【Twitter】 https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。 皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。 すべてのご意見に目を通させていただきます。 場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

続きを読む

お便り 6

おたより3-5.mp3 今回お便りをお寄せくださったのは笹木雅貴さんと肉団子さんです ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 【公式サイト】 http://yamitofuna.org 【Twitter】 https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。 皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。 すべてのご意見に目を通させていただきます。 場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

続きを読む

102.2 第90話【後編】

3-90-2.mp3 「え?直接投与する?」 「うん。」 「でも…まだ実用化できてないよ。」 「実験で構わない。今すぐ試したいんだ。」 「でも僕はいま手が離せない。」 「俺がやる。」 「ビショップ。君が?」 「ああ。俺がやる。」 「でも方法を君は知らない。」 「教えてくれ。」 「教えても無理だ。」 「なぜ。」 「物理的な理由さ。」 「なんだそれは。」 「こんな意味のないことをここで君に開陳する意味を僕は見いだせない。」 「じゃあ聞く、仮にその物理的な問題を克服したら瞬間催眠は実用化できるのか。」 「今よりは実用化に近づく。」 「どの程度。」 「完成が100とすれば80まで一気に進むだろう。」 「教えてくれ。」 「だから無理なものを議論するのは科学的じゃないし、時間の無駄だ。やめようこの話は。」 「どうして無理と言える。無理と言える根拠は。」 「無理なものは無理だ。」 「そうやって合理性を持ったふりして、進化の歩みをこの国は幾度となく止めてきた。」 「…。」 「どうして議論しない。なぜ無理と決め付ける。試してみろよ。実験によって証明を果たすのが科学だろうが。はなから無価値と決めつけることほど科学的でない思考は無いぜ。」 「どうしてそこまで。」 「他ならないルークの頼みだ。」 「ルークの…。」 「今すぐある人間の口を止めなければならない。かといって拉致るわけにも行かない人間だ。」 「なるほど…そういうことか…。」 二人の間にしばら…

続きを読む

102.1 第90話【前編】

3-90-1.mp3 「素早い仕事ごくろうさん。」 「ありがとうございます。」 「これなら自殺ってことで大事にもならないだろう。」 「はい。」 「続いてもう一件頼む。」 「はっ。」 紀伊の携帯にPDFが送られてきた。 「これは?」 「ちゃんねるフリーダムというネットメディアの記者、三波宣明(のぶあき)だ。」 紀伊はちゃんねるフリーダムという言葉を聞いて表情が固くなった。 「この男が何を。」 「石川大学の総務の中村であると偽って、今朝小早川と接触をしていた事が判明した。」 「なんと…。」 「この三波を消すんだ。」 「え?」 「身分を偽ってまで小早川と接触をする奴だ。普通の取材じゃない。」 「あの…專門官。待ってください。それだけで消すんですか。」 「なんだ?」 「あの、この三波という男、石川のネットメディアの記者でしょう。石川といえば天宮の死亡があります。天宮から小早川にたどり着くのは普通の流れです。」 「ではなんで身分を偽ってまで、この段階で小早川と接触する必要があるんだ。」 「その本意はわかりませんが、なんとかして他社に先駆けて話を聞き出したかったのでは。」 「紀伊。」 「はい。」 「甘い。」 「甘い?」 「俺がなんの考えもなくこの三波を消せと言ってると思うのか?」 「い、いえ…。」 「お前、最近俺によく意見するな。」 陶の声に凄みを感じた。 「あ…あの…。」 「ま、俺の取り巻きがただのイエスマンだけだとい…

続きを読む

101 第89話【後編】

3-89-2.mp3 電子鍵が開かれる音が聞こえたため、窓から外を見つめていた小早川はそちらの方を見た。 そこには警備員姿の男が立っていた。 一介の警備員がなんの断りもなく研究室の鍵を勝手に開けて入ってくる事自体がありえない。 あまりもの想定外の状況を目の当たりにして、小早川は反応に困った。 「なんだ…君…。」 小早川がこういった瞬間、突如として警備員は小早川の背後に回り込んだ。そしてハンカチのような布で彼の口元を抑える。 まもなく小早川は気を失った。 「小早川先生!守衛室です!応答願います!小早川先生大丈夫ですか!」 どうやらとっさに小早川は非常通報装置のボタンを押していたようだ。 「チッ。」 警備員姿の男は窓から外の様子を見る。 今の所まだ研究棟全体が騒ぎになっていないようだ。 彼は窓を開けた。 そして横たわる小早川の靴を脱がせる。 「っしょっと…。ってか重めぇよ。こいつ。」 男は小早川を担ぐとなんのためらいもなく、それを5階の窓から真っ逆さまに突き落とした。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 「そうか。早いな。」Понятно. Ты рано. タバコの火をつける音 吸い込みそして吐き出す 「すでに一回やらかしてるからな。」Он уже сделал это один раз. 「曽我コロシの件か。」Дело убийцы Со…

続きを読む