102.2 第90話【後編】

3-90-2.mp3 「え?直接投与する?」 「うん。」 「でも…まだ実用化できてないよ。」 「実験で構わない。今すぐ試したいんだ。」 「でも僕はいま手が離せない。」 「俺がやる。」 「ビショップ。君が?」 「ああ。俺がやる。」 「でも方法を君は知らない。」 「教えてくれ。」 「教えても無理だ。」 「なぜ。」 「物理的な理由さ。」 「なんだそれは。」 「こんな意味のないことをここで君に開陳する意味を僕は見いだせない。」 「じゃあ聞く、仮にその物理的な問題を克服したら瞬間催眠は実用化できるのか。」 「今よりは実用化に近づく。」 「どの程度。」 「完成が100とすれば80まで一気に進むだろう。」 「教えてくれ。」 「だから無理なものを議論するのは科学的じゃないし、時間の無駄だ。やめようこの話は。」 「どうして無理と言える。無理と言える根拠は。」 「無理なものは無理だ。」 「そうやって合理性を持ったふりして、進化の歩みをこの国は幾度となく止めてきた。」 「…。」 「どうして議論しない。なぜ無理と決め付ける。試してみろよ。実験によって証明を果たすのが科学だろうが。はなから無価値と決めつけることほど科学的でない思考は無いぜ。」 「どうしてそこまで。」 「他ならないルークの頼みだ。」 「ルークの…。」 「今すぐある人間の口を止めなければならない。かといって拉致るわけにも行かない人間だ。」 「なるほど…そういうことか…。」 二人の間にしばら…

続きを読む

102.1 第90話【前編】

3-90-1.mp3 「素早い仕事ごくろうさん。」 「ありがとうございます。」 「これなら自殺ってことで大事にもならないだろう。」 「はい。」 「続いてもう一件頼む。」 「はっ。」 紀伊の携帯にPDFが送られてきた。 「これは?」 「ちゃんねるフリーダムというネットメディアの記者、三波宣明(のぶあき)だ。」 紀伊はちゃんねるフリーダムという言葉を聞いて表情が固くなった。 「この男が何を。」 「石川大学の総務の中村であると偽って、今朝小早川と接触をしていた事が判明した。」 「なんと…。」 「この三波を消すんだ。」 「え?」 「身分を偽ってまで小早川と接触をする奴だ。普通の取材じゃない。」 「あの…專門官。待ってください。それだけで消すんですか。」 「なんだ?」 「あの、この三波という男、石川のネットメディアの記者でしょう。石川といえば天宮の死亡があります。天宮から小早川にたどり着くのは普通の流れです。」 「ではなんで身分を偽ってまで、この段階で小早川と接触する必要があるんだ。」 「その本意はわかりませんが、なんとかして他社に先駆けて話を聞き出したかったのでは。」 「紀伊。」 「はい。」 「甘い。」 「甘い?」 「俺がなんの考えもなくこの三波を消せと言ってると思うのか?」 「い、いえ…。」 「お前、最近俺によく意見するな。」 陶の声に凄みを感じた。 「あ…あの…。」 「ま、俺の取り巻きがただのイエスマンだけだとい…

続きを読む