103 第91話

3-91.mp3 石川大学病院部総務人事課。 人事課長の坊山に耳打ちする者がいた。 「え?光定先生が?」 「はい。急用が入ったっておっしゃって席を外してそのままなんです。」 「何?帰ったん?」 「わかりません。」 「はぁ…。で、診療の方は?」 「代わりの先生にまわしてもらっていますが、患者の待ち時間が…。」 「んなもん仕方ない。患者には事情を説明してなんとかしてもらえ。」 「はい。」 ーまずいことになった…。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 1時間前。 「は?ウチの中村になりすまして小早川教授と面会?」 「そうだ。」 「え?今朝、部長にも電話でお伝えしたでしょう。中村は今日は休みです。中村本人じゃなくてですか?」 「だからお前をここに呼び出したんだ!」 机叩く 「坊山!なんで外部の人間がウチの人間に成りすますことができるんだ!個人情報ダダ漏れじゃないか!」 「申し訳ございません…。」 「どういう管理をしてる。」 「は?」 「だから!なにをどうすればこんなヘマが起こるんだ!」 「原因究明はこれから行います。」 「くそっ!」 荒ぶる病院部長を前にこの坊山はただ静かにそれに応えるしか方法を見い出せなかった。 「ところで光定先生は大丈夫か。」 「は?」 「光定先生には変わりはないか。」 「光定先生?え?はぁ、まぁいつもどおり今頃外来で診療していると思いますが。」 「小早川先生は…

続きを読む