105.2 第93話【後編】

3-93-2.mp3 「それが朝戸を鍋島にするってやつだったってか。」 「そう。」 「でも、すでにその実験は失敗に終わっている。その失敗続きのそれを、なんで朝戸にもって思ったんだ。」 「可能性をみたんだ。」 「可能性を見た?」 「うん。鍋島能力の発動の条件には膨大な負のエレルギーの蓄積ってのがあるんだけど、そのときの朝戸の感情の爆発は凄まじくってね。いままでに経験したことがないほどのものだったんだ。鍋島自身が抱えていた負のエレルギーも凄いけど、これも相当なもんだ。だから今度はうまくいくかもしれないって思ったんだ瞬間的に。」 「負のエネルギーか…。」 「ビショップ。君は当時の朝戸ほどの負のエネルギーは持ち合わせていない。東京で施術した対象の誰よりも負の感情を持っていない。」 「…。」 「そんな君に施術する…。いったいどういう結果がでるだろうね?ひひひ…。」 光定は不気味に笑い出した。 「あぁ…鍋島さん…僕に力を与えてください…。あなたはかつてこの場所にいた。ここで2人を殺した。そして同級生2人の人生をぶっ壊した。ここは聖地だ!お願いします…僕に、ビショップに、力を与えてください。」 急に宗教儀式めいてきた場の雰囲気と、狂乱ともいえる光定の様子に空閑は言葉を失った。 ーいいのか…俺…。 ー本当にこいつに自分のすべてを委ねていいのか…。 ーその術とやらが失敗したら俺はどうなる? ー自我を保っていられるのか? ーでも…ここで引き下がれるわけがない…。…

続きを読む

105.1 第93話【前編】

3-93-1.mp3 5年前… 「はい。」 「光定先生ですか。外来に先生を訪ねてきた方がいらっしゃってまして。」 「だ…れ?」 「あの…朝戸さんとかおっしゃっています。」 「朝戸?」 「はい。どうします。」 「あ…じゃあ…僕の部屋まで案内してあげて…。」 「え、いいんですか。」 「う…ん…。」 「でも第2小早川研究所の立ち入りは小早川先生から厳重に管理せよと言われているんですが。」 「問題ない。その人は信頼できる人だ。」 ドアが開く音 「よう。」 「どうしたの。」 「どうもこうもない。」 そう言うと朝戸は1枚の写真を写真を光定に見せた。 「なにこれ?」 「犯人。」 「え!?」 「紗季を殺した犯人さ。」 「…本当なのか。」 朝戸は首を縦に振る。 「じゃあさっそく警察に…。」 「ダメだった。」 「え?なんで?」 「もう行ってきた。何回も。でも警察として捜査は十分に行っているってさ。」 「どういうこと?それ。」 「俺の訴えは却下ってこと。」 「はぁ!?何いってんの!?警察の捜査が不十分だから朝戸、君が個人的に調べたんだろ。」 「そう。」 「なに?その写真の奴の証拠が…とか?」 「証拠はある。」 「じゃあ。」 「とにかく警察としては十分に捜査をしている。警察に任せてほしいってさ。」 「ってことは…。」 「体の良いお断りさ。」 「バカか!」 光定は声を荒げて机を叩いた。 「お前…そんな怒る…

続きを読む