第11話



自宅に帰って来た椎名は着替えてそのままベッドの上に寝転んだ。
「なんか寒いな…。」
ボソリと独り言をつぶやいて頭から羽毛布団をかぶった彼はその中で携スマートフォンを操作し始めた。
SNSアプリを立ち上げ、チャットのような画面を表示させるとテキストを打ち始めた。
「お世話になっております。第一回放送分のプレビュー版は今週末にはお見せできます。」
間もなく京子からレスポンスがあった。
「了解です。データはストレージサービスを利用するか何かで送ってもらえますか。」
「いや、ちょっと容量が大きいので、直接お渡ししたほうが確実かと思います。」
「わかりました。DVDに焼いてください。弊社はUSBでのデータ受けは禁止されていますので。」
「かしこまりました。どこでデータの受け渡しをすればよろしいですか。ご指示ください。」
「休日にわざわざ弊社までご足労をいただくのは恐縮ですので、私がご自宅まで取りに伺います。」
「家はちょっと…。」
「じゃあ近くのどこかで。」
「またBOCTOKにしましょうか。」
「いいですよ。」
日時を改めて確認し、椎名は携帯をスリープ状態にした。
そしてベッドから身を起こして部屋の電気を切り、再びそこに潜り込んだ。
布団を頭からかぶった彼は枕の下を指で探り、何かを掴んだ。
そしてスマートフォンのSIMカードを抜き取って今掴んだものを差し込み、再びそれを見る。
今度は京子とやり取りしたものとは別のSNSアプリを立ち上げ、それに文字を打ち込み始めた。
「今週末、再度接触。Я буду трогать снова в эти выходные.」
これまたすぐにレスポンスがあった。
「内容は。Что внутри?」
「Kの指示通り В соответствии с инструкциями К」
「先に見ることはできないのか? Разве ты не видишь это первым?」
「それまでにデータを渡せれば。 Если вы можете передать данные до этого момента.」
「準備する。Для подготовки.」
「急げ。Торопись.」
「了解。понимание.」
SIMカードを抜き取った彼は、それを枕の下に忍ばせ、再び元のSIMを差し込んだ。
再起動をしたスマートフォンの時計は22時半を表示している。
椎名は布団の中でため息をついた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
国道沿いのコーヒーチェーン店。
この窓際の席でときおり外の様子を見ながら文庫本を読む男がいた。
「すいません。隣空いてますか?」
ジャケパンスタイルの口髭を生やした男が声をかけてきた。
「どうぞ。」
そう答えると髭の男はありがとうと言ってそこに腰を掛けた。
「ご苦労様でした。」
「…。」
「順調ですよこっちは。」
髭の男は鞄から封筒を取り出して、それをさり気なく彼の前に差し出した。
本を読む男は無言で受け取り本を読み続けた。
「さらに割の良い仕事がある。」
「…なんだよ。」
「何のことはない。あんたのところの編集機材をちょっとあいつに貸してやってほしい。」
「…そいつは無理だ。部外者はオフィスに入れない。」
髭の男は天を仰いだ。
「何がしたい。アドバイスくらいならできる。」
「アドバイスはいらない。知恵を出せ。」
こういうと髭の男は単行本をテーブルの上に置いてそれを読み始めた。
お互いが本を読む。そんな時間が3分ほど過ぎた。
「…関係者にすればいい。」
「…どうやって。」
「印刷屋の社員だろ。」
「そうだ。」
「仕事がとれそうだってことで、ウチに営業によこしてくれ。」
「営業?」
「ペーパーレスでどこの印刷屋も仕事なくて大変なんだ。ちょっとでもまとまった仕事がとれるんだったら、内勤のDTPも外に出すさ。」
「何の仕事だ。」
「一応、俺制作のデスク兼技術者だぜ。適当な仕事の発注権限くらい持ってるさ。仕事が絡めばあいつだって日中に堂々とウチに顔出せるだろ。」
「…。」
「ウチの会社はいま猫の手も借りたいくらいなんだ。だから印刷関係の打ち合わせは編集の傍らするって体であいつと接してりゃ、別に不自然でもなんでもない。」
「なるほど。」
「ただ…問題は片倉だな。こうなると。」
「椎名を片倉に紹介したのはあんた。そもそも片倉の依頼が受けられるほどキャパがないってのが断り文句。そのあんたが自分の代役として紹介した椎名を何故か会社に引き込んでる。不自然極まりない。」
「まぁ何とかうまく立ち振る舞うよ。」
「できるのか。」
安井はうなずいた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「医者がコミュ障?」
「うん。」
金沢駅から徒歩5分。以前はただの民家だったものを少し手を加えた風合いの喫茶店。
老眼鏡をかけ、店の売上金の勘定をする店主に話しかけるのは山県久美子だった。
「どういうことよ…久美子。」
「この間、毎月の診察で大学病院に行ったの。」
「あぁ休みとってたわね。いつものやつでしょ。」
野太い声であるにもかかわらず、話口調が女。そう喫茶BONのマスター森である。
かつては金沢駅構内に店を構えていた喫茶「BON」。
北陸新幹線開業により駅の構内は一新され、それを区切りにBONは店を閉めた。
いままでずっとあったものが突然なくなくなり、新しい景色が広がる。
この変化についていけない一定の層もおり、
心の拠り所としてBONを利用していた常連客の中から復活を望む声が上がった。
その声に背中を押され、彼は駅近くの空き家を再利用した喫茶「REBON」を開業。
6年前同様、アパレルショップを経営する社長と喫茶店の店主という二足のわらじを履いていた。
「なんか急に担当の医者が変わって、その人が極度の話下手なの。別に吃るとかじゃないんやけど、本当に必要最小限の言葉しか話さんげん。」
「具体的にはどういう感じ?」
「ほら名前呼ばれたら診察室に入るでしょ。」
「うん。」
「ほんで私座ってもこっちの方見んと、ただ電子カルテと睨めっこしたり、CTとかの画像見て独り言言ってるだけ。」
「は?問診もなし?」
「一応、なにか変わったことありますかってぼそぼそって言うだけ。」
「で、あなたはなんて言ったの?」
「別にって。ほんで不安になってこっちから聞いたの。」
「何を?」
「曽我先生はどうしたんですかって。あ、曽我先生っていうのがずっと私の主治医やったの。」
「で。そのコミュ障は?」
「光定。」
「名前じゃなくて。」
「あ…ごめん。」
「いいわ続けて。」
「僕になりましたから。」
「は?」
「僕になりましたからってだけ。」
「ちょ…それってマジ?」
「うん。」
「久美子の質問に何も答えてないじゃない。」
「そうねん。」
「他に変なことは?」
「なんか私のことじーって見て…。」
「え…。」
「ひたすら私のこと見るの。」
「あなたの…どこ…?」
「目。」
「目?」
「ほんで鼻悪いんかしらんけど、時々鼻すすっとった。」
「え…それヤバくない…。」
「でも本当にそれだけ。」
「それだけって…。」
「うん。とにかく私の目を見てくるの。気持ち悪いくらい。」
「十分キモいわよ。それ。」
「でも別に変な目でわたしのいろんな所見るとか触るとかじゃないの。」
「でも見つめてくるんでしょ。」
「見つめるっていうか…観察するっていうか…。」
「面と向かってその場で観察する人間て時点でかなりヤバいと思うわよ。」
「そうかなぁ…。でもそれ以外なにもなかったのよ。」
「本当に?」
「うん。いつもどおり薬処方されておしまい。薬も曽我先生のときと同じ薬。量も一緒。社長。あれが本当のコミュ障ってやつなんじゃないのかなぁ。」
「コミュ障か何か知らないけど、だめだめ。何なのよ…その光定って医者。キモいわ。わたし生理的に無理。」
「で、わたし看護師さんに聞いてみたの。光定先生のこと。」
「うん。」
「なんか東一からこっちに来たエリート医師らしいげん。」
「東一!?」
「うん。なんか一年前くらいからここの大学病院におるんやって。曽我先生が東一に行くことになって、その代わりで東一から赴任してきたらしいんやわ。そこでじっくり一年間かけて曽我先生から引き継ぎ受ける傍ら、共同でなにか研究しとったんやって。」
「曽我先生と共同研究…。」
「なんの研究かは知らんけど、学会内でもかなり難しいテーマの研究らしいわ。ほやから頭は本当に良いみたい。でもやっぱり看護師さん相手にもほとんど喋ることがなくて、あの人たちも困ってるみたい。」
「…スタッフに的確な指示が出せてないってことよね。」
「でもみんな口々に悪い人じゃないって。」
「そうなの?」
「うん。…でも…あの先生とこれから毎月会うことになると思うと、私ちょっとしんどいかも。」
「そうね。ちょっと心配ね…。」
「お疲れ様。気をつけてね。」
久美子と話しながら売上金の勘定を器用にも済ませた森は、彼女を見送って店のカウンターに置いてあった携帯電話を手にした。
「もしもし…。」
「…極度のコミュ障じゃないかって。…単なる。」
「ただあれらしいわ。」
「共同研究してるって。曽我先生と。何の研究かは知らないけどね。」
「…わかったわ。…また遊びに来てね。トシさん。」



【公式サイト】
http://yamitofuna.org
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM

ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。

すべてのご意見に目を通させていただきます。

場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

この記事へのコメント