第33話



都内某所。
ある喫茶店の中をハンティングスコープで覗き込む者がいた。

「しっかしヤドルチェンコの奴、ひとりでこんな夜に誰に会うでもなく、携帯使って何やってるんでしょうかね。」
「しかも喫茶店。わかんねぇわ。俺だったら家で引きこもってるか、せめて居酒屋だけどな。」
「あ、動いた。…会計している。…ん?…あれ?何か渡した?」
「なに?」
「現金を払うときに店員になにか渡したように見えました。」
「店員の動き追ってくれ。」
「はい。」
「指揮所からフタ番。」
「こちらフタ番。」
「対象が店から出たら入れ違いで入店し、店員の持ち物を改めてくれ。対象からなにか小さなものを手渡された可能性がある。」
「了解。」
「店から出ます。」

背広姿の男二人が店から出てきた白人男性とすれ違うように入店した。

ドアがカランカランと鳴る

「いらっしゃいませ。」
「警察です。」

対応の店員の目の前に警察手帳が見せられる。

「公安特課です。あなたの持ち物を改めさせてもらいます。」
「え?公安特課?」
「お店に迷惑はかけません。すぐに終わります。」
「いま、ここでですか?」
「はい。ポケットの中見せてもらいますか。」
「…。」
「もしもあなたが我々の依頼を拒否されるようでしたら、お店の責任者の方に事情を説明して、ご協力を仰ぎます。」
「ま、待って…。」

店員はポケットからUSBメモリを取り出してみせた。

「それだけですか。」
「はい。」
「ちょっと失礼します。」

捜査員はポケットを記事の上から弄ったが、何もなかったのか首を振った。

「このUSBの中には何が?」
「それは…。」



「こちらヒト番。対象は辻のコンビニ側に曲がった。」
「ヨツ番。対象を確認。つける。」
「このまま大通りに出ますよ。ヤドルチェンコ。」
「よし。指揮所からムツ番。」
「はい。」
「対象は大通りに出る。人通りはどうだ。」
「多いですね。」
「見失うな。」
「了解。」



店の奥の席に隣り合って座った背広姿の男二人は、ノートパソコンを開いてそれを覗き込む。
そして先程店員から押収したUSBメモリをそれに挿して、そのフォルダの中身を見た。
無数のJPGファイルとMPEGファイルが入っている。

「音はミュートでお願いします。お客様にご迷惑がかかりますので。」

店員はそう言ってコーヒーを二人に給仕した。




「こちらムツ番。対象確認。つける。」
「それにしても班長どうしたんですかね。」
「班長?」
「ええ。ここ数日なんかパッとしませんよ。」
「…そりゃ東倉病院とか池袋のやつとか立て続けだしな。」
「石川から鳴り物入りで特高班長だから、はっきり言ってどんだけ優秀なんだよって微妙な感じでしたけど、ここまでパーフェクトゲーム。でもここにきてガタガタって…。」
「愚痴っても何もならん。それを支えるのが俺ら部下の務めだろ。班長がしんどいときは俺らで…」

悲鳴の音が無線から聞こえる。

「なんだ?」
「なんでしょう…。」
「おいムツ番。どうした。」

返事がない。

「指揮所からヨツ番。」
「こちらヨツ番。」
「ムツ番と連絡が取れない。」
「え?」
「至急、ムツ番を確認してくれ。」
「了解。」

「どうしたんでしょうか…。」
「嫌な予感がする…。」

1分後、ヨツ番から無線が入った。

「はぁはぁはぁはぁ…ヨツ番から指揮所。」
「はい指揮所。」
「刃物を持った男が突然暴れ、通りの人間に無差別に斬りかかり、現場は混乱しています。」
「な…に…。」
「ムツ番は男を取り押さえに入っています。」
「待て対象は。」
「対象…。こちらヨツ番からは確認できません。」
「指揮所からハチ番。」
「はいハチ番。」
「聞いたとおりムツ番の現場は混乱している。そこに対象は。」
「いえ確認できません。」
「…了解。現場捜査員は直ちに撤収。ムツ番はそのまま犯人を取り押さえろ。こちらから所轄署に引き渡す。」


指揮官は激しく目の前のテーブルを叩いた。


「フタ番から指揮所。」
「はい指揮所。」
「USB確認したが不審なファイルなし。」
「それは中身が空ということかどうぞ。」
「いや中身は…アニメ絵のいわゆるその…ピンク画像と動画でした。」
「ピンク…その他不審点は。」
「なしと見ます。」
「その店員とヤドルチェンコとの関係は。」
「SNSを介して店員がある人物から購入。金は前払い。運び屋としてヤドルチェンコということです。店員はヤドルチェンコを始めて見たそうです。」
「購入までの具体的な流れを抑えてヒト番は撤収されたい。」
「了解。」

指揮官はため息を付いた。

「収穫なしですか…。」
「対象ロスト、刃物振り回し野郎に遭遇、USBの中身はアニメのピンク。散々だ…。」
「紀伊主任。焦る気持ちはわかります。班長はわかってたんですよ。我々には休息が必要だって。」
「すまん。」
「謝ることはありませんよ。紀伊主任の焦りはごもっとも。我々現場もあなたの思いを受けて動いたんです。別に主任に今回のポカの責任があるわけじゃない。」

「ムツ番から指揮所。」
「はい指揮所。」
「取り押さえた男が妙なことを口走っています。」
「指揮所からムツ番。妙なこととは具体的にどういうことか どうぞ。」
「えーファッキンジャップをぶっ壊せ ぶっ潰せ ぶっ殺せと言っています。」
「なに…。」  
「紀伊主任…なんかこの言葉聞いたことあるような…。」
「そうだな…。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公式サイト】
http://yamitofuna.org
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM

ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。

すべてのご意見に目を通させていただきます。

場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

この記事へのコメント