第37話



「昨日午後9時頃、新宿駅近くの混み合う路上で男が突然刃物をもって、無差別に通りの人たちに切りかかりました。警察の発表によるとけが人は6名。内3名が重症ですが、幸い3名とも命に別状はない状態のようです。当時の事件現場は通行人でごった返す場所でしたが、偶然別件で警戒にあたっていた警察官がその場に居合わせたため、速やかに容疑者の逮捕となりました。現在容疑者の男は警察で取調べ中ですが、男は逮捕直後から日本をぶっ壊せなどと意味不明なことを呟いており、警察では精神鑑定を含む慎重な捜査を行っていく予定です。」

「ぶっ壊せ…ぶっ殺せ…。」

不意に椎名の口から言葉が出てしまった。

「この車の中だけさ。気が許せる場所は…。」

スマートフォンの上部に目をやると時刻は7時10分だった。

「はぁ…あと40分で会社。ほんとこの8時間って拘束はなんとかなんねぇかな。1日24時間。内3分の1は労働。6時間は睡眠。残り10時間だ。通勤で往復2時間。すると8時間。8時間しか自由になる時間ねぇのかよ…。あいかわらず(゚⊿゚)ツマンネシステムさ。」

車は信号で止まった。

「どいつもこいつも死んだ魚みたいな目ぇして運転してやがる。憂鬱なんだろうな。いや、退屈なだけかもしれない。日常が退屈すぎて、憂鬱な気持ちになってんのかも。」

ポツポツと雨がフロントガラスに落ちてきた。

「憂鬱な月曜、それに拍車をかける雨。ご心配なく。その気分吹っ飛ばせてやるよ。きっと生きている実感を得られるさ。」

信号が青になりアクセルを踏み込んでしばらく行くと、金沢駅の姿が見えた。
鼓門の奥のガラス張り天井から一枚のタペストリーのようなものが吊り下げられている。
GWに催される金沢市内の数カ所で同時多発的に催される音楽祭の告知だ。

「こっちに来て少し羽のばせよ。」
「でもお前、あれなんだろ。」
「お前の様子普通じゃないわ。心配だ。こっちに来いよ。うまいもん食っていい景色見て気分転換しろ。」28

「どうせ来るならGWのほうが良かったんだけどな…。あ、でもそれまで持たないか。」

椎名は不敵な笑みを浮かべた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「おはようございまーす。」

片倉京子が報道フロアに入ってきた。

「おはようさん。」
「あ、デスク。早いですね。」
「そりゃ早いさ。ずっとここにいるもん。ってかお前昨日、帰り遅かったくせに今日早いじゃん。なんか仕事ばっかしてんな。」
「だって次から次ですもん。」
「相馬はどうなんだ。ちゃんとデートらしいデートしたの?」
「…なんで知ってんですか。周がこっちに帰ってるって…。」
「キャップが言ってたよ。京子がソワソワしてニヤニヤしてたって。」
「あいつ…。」
「あいつって…おまえ…上司だぞ三波は。」
「周とは結局会ってません。」
「え?」
「ご心配なく。私らは私らの関係性ってものがありますから。」
「お、おおう。」

パソコンを立ち上げた京子はプロツェスを立ち上げて、制作の進捗を確認した。

「あれ?キャップ休みですか?」
「あぁ、今朝までいたんだけど体調悪くしたみたいで今日は帰るってさ。」
「…安井さんも今日は休み。」
「ヤスさんは特番対応もやってたから。…あ、そうだ京子。」
「はい。」
「例のアレ。確か3部作だったよな。」
「はい。」
「火曜日の配信から日を置かずに行きたいんだけど2本目と3本目っていつできる?」
「それは今日の打ち合わせでわかります。」
「わかったらすぐ連絡もらえるかな。社長、気になってる。」
「社長?」
「ああ。この手の話は日を置くと鮮度が悪くなるからスピードが大事だって。」

黒田はこぶしを京子に向けた。

「とってみないとわかんねぇよな。リスクって。」

笑みを浮かべた京子は、黒田と同じくこぶしを握ってそれを彼に向けた。

「はい。」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


【公式サイト】
http://yamitofuna.org
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM

ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。

すべてのご意見に目を通させていただきます。

場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

この記事へのコメント