第41話



「おい…。おい…。」

薄っすらと開いた目にぼんやりと人影が映る。

「大丈夫か。いい加減起きてくれ。」

ー起きる?何言ってんだ。俺は起きてるよ。

ゆっさゆっさと自分の体が揺さぶられているのに気がついた。

「おい。しっかりしてくれ。なぁ。」

ーあーめんどくさいなぁ…こいつ…そっとしてくれよ…。」

「おい!」

ビンタの音

頬がじんわりと熱を持っている。
そこに手のひらをあてがった彼はゆっくりと目を開いた。
男がこちらを覗き込んでいた。

「あ…。」
「あ…じゃないだろ…。大丈夫かよお前…。」
「あれ…。俺…こんなところで何やってんだ…。」
「え?」
「俺、なに…まさか寝てた?」
「あぁ…死んだように寝てたよ。」
「いつの間に…。」

あまりにも呆然とした表情の彼の様子が気になった。

「おい、お前俺のことはわかるか?」
「あ、あぁ…。」
「俺の名前は。」
「…ビショップ。」
「はぁ…よかった…。」

空閑はひとまず安堵の表情を見せた。

「随分疲れてるんだな。何やっても何の反応もしなかったんだぜ。本当に死んだのかと思った。」
「あ…すまない…。俺、全然記憶ないんだ。車に乗って、金沢駅の門を見上げて、目的地の場所をカーナビで見て…。」
「金沢の観光プロモーションビデオをカーナビに表示して、お前に見てもらってたらいきなり寝落ち。」
「え?」
「えって…本当に記憶ないんだな。」
「寝落ち?」
「ああ気絶したかのようにシートに身を委ねて、寝息立ててた。」
「まじですか。」
「うん。」
「だめだ…完全に飛んでる…。」
「…キングから聞いてるけど、なんか最近、記憶がとぎれとぎれになってるらしいね。」
「うん…。」
「今回のもおんなじやつかな。」
「わかんね。まぁ俺変なんだわ。」

朝戸は妙にさばさばとした様子になった。

「あ、ここが宿?」
「うん。」

目の前には明らかの昭和の建造物であろう外観のプレハブ住宅があった。

「空き家を改装した民泊施設さ。外観はちょっと微妙かもしれないけど、中はきれいなもんさ。」
「これで一泊朝食付きで4,500円だっけ。」
「そう。」
「そんなでやっていけるのか。この宿。」
「民泊は表の顔。」
「なるほど…。」
「おもてなしだよおもてなし。」
「俺は寝れればそれだけでいいんだけどな。」
「そういうわけにもいかないだろ。今回はリフレッシュのために金沢に来たんだろ。」
「は?」
「は?って…。」
「リフレッシュ?だって?」
「あぁ。」
「誰が?」
「お前が。」
「お前?今お前俺のことお前って言ったな。お前ってお前何様なんだよ。」

どういうことだ。朝戸の様子がおかしい。

「おい。なんとか言えよてめぇ。」

朝戸は空閑の胸ぐらをつかんだ。

「ぶっ壊すのはてめぇじゃねぇ。俺だ。その俺にお前呼ばわりは許さねぇぞてめぇ。」

朝戸の目が座っている。

「俺の名前を言ってみろ。」

ーまずいぞ…これ…。

「なぁ言ってみろよ。」

ーラリってる…こいつ…。

「言わねぇんならぶっ殺そうか。ん?」
「ナイト。」
「あ?」
「な、ナイト…。」
「え?ナイト?」
「あ、あぁ…そうだよ…。」
「ナニソレ?」
「何それって…。」
「…ってぇ…。」

朝戸は頭を抱えた。

「あ…だめ…無理…。」
「おい。」
「ちょっと休ませて…。」
「おい待て、休むなら宿で休めよ。」
「無理…。話しかけんな…。」

ーなんだコレ…。ひどいってもんじゃない…。相当な混乱ぶりだ。

「早め に 見せて…。」
「あぁそうだね。」
「悪い影響が。」
「分かってる。すぐに連れて行くよ。」40

エンジンスタート

「やめろって言ってんだろ…。ってぇんだよ。」
「待ってろ。楽にさせてやる。」
「だからエンジン切れって。振動が頭に響くんだよ!」
「黙ってろ!」
「うるせぇ!あ…あがー…痛てぇ!痛てぇ…てぇ…。」

空閑はアクセルを踏み込んだ。

「耐えろ。お前なら耐えられる。」
「どんだけ…。」
「ものの10分程度だ。」
「できるかな…。」
「できる。」
「耐えたら楽になんのか…。」
「たぶん。」
「何があるんだ…。」
「見ればわかる。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「先生?」
「あっ…。」

机の引き出しをとっさに閉めた光定は、こちらを振り返った。

「あの…な にか…。」
「何かって…患者さんがお待ちですが…。」
「あ…。」
「あれ?」

看護師は床に落ちているものに気がついた。

「あー誰ですか先生。この写真。」

そういってそれを拾おうとしたときである。

「触るな。」
「え…。」

聞いたこともないはっきりとした話口調だったため、光定の声とは思えない。

「見るな。出ていけ。」
「せ…先生…。」
「出ていかないんだったら…。」

光定は再び机の引き出しを開き、別の写真を手にしてそれを彼女に渡した。

「これを見ろ。」
「え…。これ…。」
「見てろ。目をそらすな。」

戸惑っていた彼女の様子はとたんに落ちついたものになった。

「どうだ…魅力的な目だろ。」
「…はい。」
「君はここでは何も見ていない。そうだよな。」
「はい…。」
「相変わらず光定先生は包容力があって素敵だ。」
「はい。」

指を鳴らす音

「じゃあ…次の 患者さ ん 呼んで ください。」
「はい。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公式サイト】
http://yamitofuna.org
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM

ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。

すべてのご意見に目を通させていただきます。

場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

この記事へのコメント