第62話



警視庁公安特課機動捜査班。
そのセンターテーブルに過去の捜査資料を広げて何かを調べる男がいた。

「紀伊主任。」
「うん?」
「時間ですよ。」
「あ?」

紀伊は壁にかけられている時計に目をやった。時刻は18時15分だった。

「どうした?」
「何いってんですか。主任言ったでしょ。15分後声かけてくれって。」

部下を見つめた紀伊は固まった。

「…え?」
「遅っ…。」
「そんなこと言った?」
「あの…ちょっとまって下さいよ。大丈夫ですか主任?百目鬼理事官見送って15分後に俺に声かけてくれって言ったじゃないですか。」

今度は自分の腕時計に目を落とす。
5秒ほどして紀伊は突然慌てた様子でテーブルの上を片付けだした。

「あぁいいですよ。自分やっておきますから。」

自分の予定を完全に忘れ去るほど仕事に没頭しているのか、それとも疲れがピークに来ているのか。
上司である紀伊の様子を見かねた彼は代わりに片付けだした。

「悪ぃ。」
「どこ行くんですか主任。」
「ちょっと待ち合わせしてたの思い出した。」
「女ですか。」
「いや。」
「なんだ…仕事ですか…。」
「うん。」
「はぁ…相勤はどうです?」
「いやいい。俺だけでいい。」
「留守どうします。」

部下は空席である班長席を指差しながら紀伊に言った。
紀伊は特高部屋を見回した。ここには自分と目の前の部下、そして他に5名程度の人員が詰めている。

「ちょっとの間だ。お前らで頼めるか。」
「俺らでいいんですか。」
「ああ。一応俺、班長からここ任されてるし。」

そう言うと紀伊は他の5名にもしばらく外出するので、留守を頼むと言った。

「もしも誰か何か言ってきたら俺に電話しろ。なんとかする。」
「了解です。お戻りは。」
「そうだな。1時間程度か。」

そう言って紀伊はそそくさと特高部屋から姿を消した。

「主任相当キテるんじゃないか。」
「そうだな…。班長ずっと離席だからな。」
「どうしたんだよ班長は。」
「さぁ…。」
「まさか逃げた?」
「おいおい…それはねぇぜ。」
「本当か?異常だぜ。こんだけ居ないの。」
「確かに…。」
「そりゃ主任もクルってさ。」
「気の毒だよな。紀伊主任。」
「でも意外と主任だけでも回ってるよな、特高。」
「言われてみれば…。」
「実は紀伊主任で回ってんのかもよ。ウチ。」
「班長は石川からの落下傘だしな。紀伊主任は警視庁叩き上げだし…。」
「そういや聞いたぜ。」
「何を?」
「百目鬼理事官も片倉班長のこと気に入らないみたい。」
「ホントかよ。」
「ああ。」
「じゃあ主任でいいじゃん。」
「…かもな。」
「主任、班長と比べて部下のこと気にかけてくれるし。」
「おい。あんまりそんな事言うなよ。」
「あ…。」
「口チャックだぞ。」
「おう…。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

運転席側の窓がノックされたため、窓を開ける。

「どうも。」

黒縁メガネ。色白。
この男からつい30分前に警視庁でタクシーチケットを受け取った。

「あ…どうも。」
「ちょっと載せてもらえますか?」
「…どうぞ。」

ドアを閉める音

「そうですね…品川方面に向かってまたこっちに帰ってくる感じで流してもらえるかな。」
「は…はい。」

運転手は車を発信させた。
しかし時間が時間だ。八重洲口を出た瞬間に渋滞に巻き込まれた。

「あの…もしお急ぎなら別の方法で移動したほうがいいかと。」
「あ、いいんです。別に急ぎじゃないですから。」
「はぁ…。」
「ごめんなさい。さっきはちょっと高圧的でした。」
「え?」
「ちょっと時間がなくって…。強く出てしまいました。悪気はなかったんです。」
「あ…はい…。」
「ところで何、話してました?」

「ここで話した内容は記憶から消しておいてね。」
「あ…。」
「わかってるよね。」57

ーなんだよ…あのあんちゃん。こうなること想定してたってわけ?

何も話していない。ただ黙って車窓を見ていたと言うのもありだろう。
ただその返答はこの男にとって自然な答えになるのか。

「すいません。聞いてます?」
「あ、はい。」
「何話してましたかね。」
「あのあんちゃん。あんたのところの一体何なんですか?」
「あなたは私の質問に応えてくれればいい。別に私はあなたに答える必要はない。」

急に男は高圧的になった。

ーなんだよこいつ…。腰低くしたと思ったら上からになったり…。さっきのあんちゃんと同じ種族じゃないの。あのあんちゃんをこいつがお迎えに上がってたから、やっぱりあのあんちゃん、警察のそれなりの要職にあるんだろうな。
ーその要職にある人間が何を話していたか部下が探りを入れる。んで、こうなることをあのあんちゃんは想定してた。こいつは厄介だぞ…。

「おい。」
「あ、はい。」
「どうなんだ。」
「ちょっと…記憶が…。」
「わかった。埒が明かない。俺の質問に答えてくれ。」
「え、はい。」
「あの人をどこで載せた。」
「えー東京駅です。」
「さっきのタクシーチケットは3,220円。東京駅から直で警視庁に来たわけじゃないな。」
「…はい。」
「どこに寄った。」
「どこにも寄っていません。」
「じゃあ適当に流して警視庁に来たわけだ。」
「はい。」
「その間黙って景色を眺めるなんてことはない。あの人はあんたと話すか誰かと電話をしていたはずだ。」

ーおいおい…こうやって絞り込みかけてくるのかよ…。とりあえずここは事実を話そう。

「電話してました。」
「どんな電話だった?」

ーさぁ…どうする…。

ふと助手席側のドアポケットに挟まれた観光パンフレットの表紙が目に飛び込んだ。
運転手は思わず両手で手を叩いた。

「こら。手放し運転するな。」
「あ、ごめんなさい。」
「で。」
「外国語話してました。」
「外国語?」
「ええ。多分英語じゃないかと。」
「英語…。」
「はい。」
「あんた英語は。」
「さっぱりです。」

後部座席の男はため息を付いた。

ーあ、意外とすんなりいったじゃん。

ムームミラー越しに見える男は落胆した様子だった。

ーじゃここでもう少し信憑性をもたせるか。

「あ、でもなんとなく聞き覚えのある単語とか覚えています。」
「なにそれ。」

期待のない声で男は運転手に尋ねた。

「確か…ツーリズムとか…ハリーアップとか…。」
「他には…。」
「えーっと…インターナショナルとかワンハンドレッド…ジャパン。」
「もういい。」
「あ、はい。」
「外国人観光客乗せることもあるんだろ。」
「ええ。」
「そんなので大丈夫なのか?」
「英語ですか?」
「ああ。」
「それは大丈夫ですよ。」

そう言って運転手は端末を取り出してみせた。

「翻訳機…か…。」
「お客さんが自分に話してきたらこれ使いますけど、盗み聞きには使いません。」
「…そうだね。」

紀伊はそのまま品川まで行って降ろしてくれと言い、その場で眠りについた。

ー勘弁してくれよ…。

運転手が嵌めるドライブグローブは汗でぐっしょりと濡れていた。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公式サイト】
http://yamitofuna.org
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM

ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。

すべてのご意見に目を通させていただきます。

場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

この記事へのコメント