第84話



No.2の扉が開かれ中から男二人が出てきた。

「おはようございます!椎名さん。」
「えっ。」

不意に大きな声をかけられた椎名はあたりをキョロキョロと見回した。
廊下の向こう側にリックを担いだ見覚えのある女性が立ってこちらに手を振っていた。

「あ、片倉さん。」
「お、京子のやつ来てたんだ。」

彼女はこちらに駆け寄ってきた。

「どうしたんですか椎名さん。こんな朝早くに弊社にお越しだなんて聞いてませんよ。」
「あぁ…実はちょっと本業の方で安井さんに用がありまして。」
「本業?」
「ええ。印刷の方で。」

京子は安井を見る。

「記念誌。」
「記念誌?」
「ああ。創業5周年の記念誌製作。」
「え?そんな話聞いてません。」
「俺は聞いてるの。」
「京子。心配ない俺も聞いてる。」

黒田がどこからともなく3人の中に入ってきた。

「安井さん社長に一任されてるんだ。」
「え…まさか、それで密かにいっぱいいっぱいになって、私の仕事断って椎名さんに紹介したとか…。」

安井は京子と目を合わせない。

「図星?」
「…否定できない。」
「まじですか。」

目をそらしたまま安井はうなずいた。

「キャパせまっ。」
「なにぃっ!?」
「10年20年の話なら資料集めたり取材したりで結構大変やと思うけど、5年でしょ。そんなんチャッチャッってできません?」
「あほ。俺は制作畑なんだよ。記者畑の人間と一緒にしないでくれ!俺は俺なりに勉強してやってんの!」
「ねぇねぇデスク。これって人選ミスじゃありません?」
「…かもな。」
「なにぃ黒田テメェ!朝からオメェ感じ悪いんだよ!」
「マァマァ(((ノ´ー`)ノヤスさん落ち着いて。」

結構本気で怒る安井を黒田はなだめた。

「京子。お前もお前だ。上司を誂うもんじゃない。」
「デスクもすこし乗っかったじゃないですか…。」
「そうだよ黒田、お前が一番感じ悪いぞ。」
「うっ…。」

3人のやり取りを冷めた目で見る椎名の様子に気がついた黒田は軽く咳払いした。

「こほん…。ふたりともお客さんの前でどうかと思うよ俺。」

安井と京子もようやく椎名のことを思い出した。

「椎名賢明さんですね。」
「はい。」
「弊社の片倉と安井がお世話になっております。報道部デスクの黒田と申します。」

黒田は椎名に名刺を手渡した。

「報道のデスクが俺のことを怪しみだした。大川と俺が個人的にあってることも抑えてるみたいだ。」85

ーこいつか…。

「椎名と申します。はじめまして。」

椎名は勤務先の名刺を黒田に渡した。

「印刷会社でDTPやっています。」
「安井から聞いています。映像のお仕事はあくまでも個人でやってるらしいですね。」
「はい。」

ここで黒田は椎名の耳元で囁いた。

「すいません。ウチの教育がなっていなくて…。」
「なんのことです?」
「さっき弊社の片倉が椎名さんの口座に報酬を振り込んだそうなんですが、税金関係のことをちゃんとしていませんで。」
「税金?」
「ええ源泉のことで。」
「あの…。」

キョトンとした椎名の様子を見て黒田は気がついた。

「…あ、そうか。なるほど椎名さんも今回が初めての仕事だったんですね。」
「ええまぁ…。」
「あ、そういうことなら話が早い。実は椎名さんみたいなフリーランスの方への支払いの場合、所得税を予め差し引いて支払わなかればならない的な決まり事がありまして。」
「そうなんですか。」
「そのあたりをこちらで未確認のまま振り込んでしまったんです。」
「はぁ…。」
「そこで大変申し訳ないんですが、一度振り込んだお金を返金いただけませんでしょうか。」
「あ、まぁ、こちらは問題ないですが。」
「おい京子。」
「はい。」
「椎名さんからの請求書あとで俺によこせ。」
「え?請求書?」
「うん。」
「え…そんなのもらってませんけど。」
「はぁ?お前、請求書もなしに金払ったの?」
「ええ。お気持ち的なものじゃないんですか。」
「あほ!坊さんじゃないんだから。」
「あの…自分は片倉さん的なやり方でいいですよ。」
「だめです。椎名さん。これは決まりなんです。」
「決まり…。」
「ええ。請求書をもらってそれを元に支払い。その金の流れをちゃんとしておかないとウチの会社もそうですが、椎名さんあなたも面倒なことになる可能性があります。」
「僕が面倒なことに?」
「はい。」
「それってどういうことですか。」
「税務署っていう怖い役所が詰めに来ますから。」
「おい黒田。」

安井が話を切った。

「はい。」
「支払い関係はお前が京子の代わりにやっておけよ。」
「え?」
「俺は椎名くんを紹介しただけ、京子の管理監督は上司のお前の役割。」
「ま、まぁ…。」
「じゃ俺仕事に戻るわ。」

そう言って安井はその場から姿を消した。

「京子、ぶっちゃけ椎名さんにいくら振り込んだ。」
「5万です。」
「なんだ…そんだけか…。」

おもむろに財布を取り出した黒田はそこから現金五万円をとりだしてそれを京子に渡した。

「なんですこれ?」
「とりあえずこれでおまえの収支はトントンだ。これでお前の腹は一切傷んでないことになる。」
「え?でもそれだと…。」
「椎名さんはあらためて3本分の制作費用をまとめて弊社に請求してください。こちらで然るべき支払いをいたします。」
「太っ腹…。」
「うるさい。」
「でも…。」
「もしも請求書の書き方などでわからないことがあれば弊社総務部までお越し下さい。相談にのります。」

こう言って黒田もまたこの場から立ち去った。
No.2の前の廊下に椎名と京子、この二人が残された。

「すいません…わたし何かとちったみたいで…。」
「あ、いえ、僕も全然そんな税金関係とか気にしてなかったんで…。」
「ですよね。普通そんなこと気にしませんよねぇ。」
「ええ。」
「ま、これで椎名さんにはちゃんと仕事としてウチの会社から支払できるから良かった。」
「そ、そうですね。」
「記念誌ってどんな感じなんですか。」
「あ、あぁ…まぁ安井さん頑張るみたいです。けど…。」
「けど?」
「やっぱり原稿の集まりが悪くって…。」
「( ´,_ゝ`)プッ。」
「あの…なんか、片倉さんの職場って自由なんですね。」
「へ?」
「縦横はっきりしてないっていうか…。結構好き勝手になんでも言うじゃないですか。」
「あぁウチはこういう会社なんよ。好きにいろいろ思ったこと言えんとろくに議論できんしいいもんも作れんしね。」
「議論…ですか…。」
「あ、そうそう。ちょうど私、椎名さんにお願いあったんです。」
「なんです?」
「例のあれですけどちょっと補足してほしい箇所ありまして。」
「あー今なら対応できますよ。」
「じゃあ是非お願いします。」
「で、なんです?。」
「実験ってものの位置づけについてもうちょっと私の考えを入れてみようかと。」
「実験の位置づけ?」
「はい。」
「えーっと…? 仰る意味がよくわかんないんですが。」
「犯人がこのうんこ実験を行ったその意図です。」
「それは3本目で犯人像に迫るということで明らかにされていくんでしょう。」
「いえ、それを止めようかと。」
「なんで?」
「ほら東京でノビチョクって神経剤使われたやつあったじゃないですか。」
「はい。」
「自衛隊も出るくらい大騒動やった。」
「はい。」
「でもほんの数日でそんな事もあったなぁ程度になってる。椎名さんどうです?ぶっちゃけ。」
「確かに。」
「なんでこんな重大事件が一瞬で風化するんかなぁって考えたんです。で、考えた結果、こうじゃないかっていうのが出てきました。」
「それは。」
「ここ数日のあいだにあまりにも次々とテロみたいな重大事件が起きるのが原因じゃないかって。ノビチョクもそうですし、東京の無差別傷害もそうです。車が歩行者に突っ込むやつも大学立てこもりも、犀川のテロデマも。もう視聴者も私らマスコミもそれらの情報を処理しきれなくなっとるんです。その中にウ・ダバがどうだとかツヴァイスタンがどうやとか、保守とかリベラルとか堰を切ったみたいに情報が流れてくる。もうパンクしとるんです。」
「なるほど…。」
「そこで私の特集です。はっきり言って世間の誰もがこのうんこ事件のことなんか覚えてません。ここで過去の事件のことをほじくり返して犯人像とか言っても多分ピンとこないでしょう。」
「でも、片倉さんの原稿を見る限りだと、これはこれでよくまとまってるんで、視聴者には相応の影響を与えることができるんじゃないかって、自分思ってますけど。」
「うん。わたしはうんこ事件はノビチョク散布を想定した科学テロ実験の意味合いが強いって感じで持っていく予定でした。」
「はい。」
「でもいまってそんな推理ゲームってどうでもいいと思いません?」
「はい?」
「いまはこんなテロまがいの事件を起こすんはどんな奴なんやってことよりも、テロみたいな予想不能の事態が実際に身近で起こったときに、自分の身をどうやって守るか。こっちのほうが大事なんじゃないんかなぁって思って。」

この京子の発言に椎名は一瞬戸惑った。

「えーっと…ちょっと意味がわかんないな…。」
「つまり事件の犯人は私にこの今更なうんこ事件の犯人像の報道そのものを期待してる。」
「えっ!?」
「私がこうやってちゃんフリって媒体で過去の事件をテロ目的の実験だって報道することを想定し、本来の目的から一定の人間の目を逸らそうとしている。」
「本来の目的って…。」

京子は椎名の目を見る。
純粋なまでのその瞳には妙な力が宿っているようだった。
椎名は言葉を飲んだ。

「わかりません。」
「…。」
「ただの勘なんです。これ。」
「なんだ…。」
「でも内容は今行った具合に修正しようと思うんです。だってやっぱりネタ的に今更でしょう。」
「まぁ…。」
「なんで、椎名さんちょっと作業ストップしてもらえません?」
「あ、はい…。」
「ただでさえタイトな日程をさらにタイトにしてしまって申し訳ないです。」
「いえ…ま、まぁ…今日はじゃあ休みます。」
「明日には最終原稿と素材送りますんで。」
「はい。ですが明日の朝には届けてくださいよ。朝の7時必着です。」

椎名は語気を強めに京子に言った。

「はい…。」

「あ、それと。」
「なんです?」
「大変申し訳なんですが、早めに私の口座に返金してください。」

そう言って京子は自分の銀行口座を椎名に伝えた。

「一応手数料引かずに。すぐにいいがにします。ごめんなさい…。」
「え…?はい…。でも…さっきお金もらったんじゃ…。」
「あ、それはそれ。これはこれ。」
「…せこい。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

部屋のドアを閉めた安井はため息を付いた。

「はぁー。」

「そもそも僕はこの世に存在していないんですから。」83

「なんだったんだあのセリフ…。」

編集機材の前に座った安井は髪をかき分けた。

「妙なんだよな…あいつ…。居酒屋で初めて会って何回か顔合わせてんのに、今ひとつ印象に残ってないんだよな…。だからあの言葉だったのかな…。」

「でもあの言葉だけは妙に頭に残ってるんだよなぁ…。」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【公式サイト】
http://yamitofuna.org
【Twitter】
https://twitter.com/Z5HaSrnQU74LOVM

ご意見・ご感想・ご質問等は公式サイトもしくはTwitterからお気軽にお寄せください。
皆さんのご意見が本当に励みになります。よろしくおねがいします。

すべてのご意見に目を通させていただきます。

場合によってはお便り回を設けてそれにお答えさせていただきます。

この記事へのコメント