111 第99話

3-99.mp3 東京都と埼玉県にまたがるように自衛隊の駐屯地がある。 リュックを担いだ男がひとり、そこに歩いて入っていった。 「なるほど。今川は心当たりがあると。」 「はい。我が国のツヴァイスタンシンパに鍋島能力の研究を委託した可能性があると言っています。」 「しかしそれはあくまで今川の個人的な予想。」 「その個人的な予想の裏を取るのは警察の仕事です。」 「ツヴァイスタンによる重大犯罪に加担した男の見過ごせない発言。事件の真相を明らかにすることを職務とする警察は動かざるを得なくなる。」 「普通ならば。」 「そう。普通ならば。」 肘を付き、両手を口の前で組む彼の表情の細かな様子は2メートル離れたここからは窺いしれない。 「今回は法務省の方にも手を回しています。おそらくそこからもNSSに報告が入るでしょう。」 「ならば今度ばかりは警察は普通の対応を取らざるを得ないか。」 「はっ。」 「なにかと足を引っ張るな、警察は。」 「組織自体は職務をまっとうする意志があるのですが…。」 「が?」 「その中にはいろいろと拗らせた奴がいるみたいでして。」 「朝倉みたいなやつか。」 「はい。」 「そいつが足を引っ張っていると…。」 「引っ張るだけなら良いのですが。」 「無能な働き者か。」 「はい。」 「我々の世界では部隊の全滅を招きかねない、問題のある人間。」 「しかもその人間が中枢にいる。」 「せっかくの予算も人事とセットでなければ、有効たりえんか…

続きを読む

110 第98話

3-98.mp3 「古田の様子がおかしい?」 「はい。」 「何が。」 「同じこと何度も言うんですよ。」 「何度も同じことを?」 「はい。」 警察庁警備局公安特課。 松永専用の公安特課課長室で百目鬼は足を机の上に乗せて何者かと電話をしていた。 「具体的には?」 「空閑ですよ空閑。」 「…あぁ、千種が光定の書類を渡したと思われるやつか。そいつがどうかしたか。」 「古田さん。自分にその空閑を調べてくれって電話かけてきたんです。百目鬼理事官から自分を使えって言われたんでって。」 「うん。俺が神谷くんを紹介した。」 「で、空閑教室って塾をやってるってのを聞いたんで、すぐに下のモンに調べさせたんです。」 「うん。ってかその下のモンって言い方、ちょっとマズくない?組のモン的で。」 「でも一応自分、今は仁熊会の若頭ってことになってますんで。サツカンとして振る舞うと下のモンが良い顔しません。」 「あ…そう…。」 「で、ものの10分してですよ。また古田さんから同じ電話かかってくるんです。」 「同じ電話?」 「はい。空閑教室の主を調べろって。空閑は空気の空に閑散の閑。門構えって。」 「あらら。」 「えっとさっきも電話もらいましたがって言ったんですが、それはワシを語った別のモンやって言うんです。」 「で。」 「で、これがあと2回繰り返されました。」 百目鬼の表情が険しくなった。 机の上に乗せていた足を降ろし、彼は座り直した。 「ぱたっと電話が止んで…

続きを読む

109 第97話

3-97.mp3 「話が違うだろうが。」 「電話かけてくるのは止めてくれって言ったはずだが。」 「緊急事態に馬鹿丁寧にSNSでクレームつけるバカが居るか!」 声を荒げて電話をかけるのはちゃんねるフリーダムカメラデスクの安井隆道だ。 彼は犀川の河川敷に立ち、雨音と川の流れの音によって自分の声が他人に聞かれないよう配慮をしていた。 「身内には被害者は出さないって約束だっただろうが。」 「出さない。そういう事になっている。」 「そういう事になってないから電話してんだよ!」 「なんだって?」 「その反応…。まさかあんた…。」 「え?何?何があったんだ。」 安井は深くため息をつく。 「はぁー…。」 「何が…。」 「三波が行方不明になった。」 「え!?」 「理由はわからん。でも察しはつく。俺らのことを探ったんだろうさ。」 「我々のことを探る…。」 「そろそろ潮時だってのは、俺から椎名には伝えた。三波とか黒田とかが俺の周辺を探り出しているってな。」 「ってことは、まさかキングが…。」 「ふぅ…あのさ、そのキングとかってニックネームか何かは知らねぇけどさ。話がややこしくなるから俺の前では椎名って名前でアイツのこと呼んでくれないかな。」 「あ…あぁ。」 「で、なんでその椎名が三波を巻き込むんだ?」 「いや待って。この件は私もいま初めて知ったんだ。」 「いやいや、あんたが初めて知ったとかそんなことはどうでもいいの。大川さん、とにかく俺があんたや椎名…

続きを読む